プロフィール

光機

  • Author:光機
  • 塗装までなかなか行き着きませんが、ガンプラ改修どんとこい
Twitter
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
公式リンク
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
■1/144 [HG00-62] GNY-001F ガンダムアストレア タイプ-F
1/144 [HG00-62] GNY-001F ガンダムアストレア タイプ-F→Amazon
(2010年04月24日発売 ¥1,890)
 スミ入れ、部分塗装、キット内組み換え&エクシアと組み換えで、オリジナルアレンジ。

 アストレアのデザインはものすごく好き。「15年前に建造されたエクシアのプロトタイプ機」って設定は、発表当時はものすごく抵抗あった。明らかにキット先行の無理矢理じみた後付け設定なんだもの。普通に「バリエーション」にしてればよかったのに。その後サダルスードとか出てきて、もう定着しちゃってますからいいけど。
 アストレアFのマスク付きのデザイン自体は好き。色が白ければ。全身真っ赤、赤系ツートンとはいえ、実質的に単色なのがちょっと。
 アストレアF2は、どうにも取ってつけたような印象があるんだけど、それ以前にカラーリングの所為でどこにもいい印象がない。全身タイツにしか見えないし……。
 
 そんなわけで、アストレアの正式キット化は嬉しいんだけど、どうせやるなら白でやって欲しかったなーと、イマイチテンション上がらないまま組み立てスタート。
 とりあえずクリアパーツは、クリアブルー表裏に吹いて、その上からホワイトパールを軽く吹きました。結構いい感じです。
cn100426c.jpg
 下地が黒系になっても、パールのおかげで結構目立ちます。

 途中でふと思い立って、ジャンクの山の中からエクシアを発掘。適当に組み合わせて赤白ツートンにしてみようかと思いましたのよ。
 ついでにデザイン面も若干アレンジ。といっても、センサーマスクのクリアパーツを外して、胸部ダクトをエクシアのモノに差し替えただけですが。
 で、これ↓
cn100424a.jpgcn100424b.jpg
 思いのほかカッコよくなってくれたので、拙者満足でござる。

 いや、いくら武器セットが付くとは言っても、¥1,890は高騰しすぎだろうと若干かなり不満だったのですが、エクシア以上に気を使った新規パーツ群に感動すら覚えましたわ。エクシアと違って、ちゃんと色分けされてるシールドとか。なによりも、唐竹割りのはずなのに合わせ目がほとんど出ない、驚異のライフル。うん、これは凄い。

 武器セットのランナーについて。
 このランナーに用意されてるのは、キュリオス用ハンドミサイルユニット、デュナメス用ビームピストル&ホルスター。新規設定のGNハンマーに、連合用のバズーカ。連合バズーカとそれ以外の部分にスイッチ入ってます。多分、今後流用されるのは、NGNバズーカだろう。ハンマーはアストレアのランナーが無いと完成しませんので。

 ハンマーといえば、このキットで結局唯一気に入らなかったのが、わずかに一点。
 GNハンマーのトゲ部分は濃いめのクリアグリーンで整形されております。……なんでこんな濃いクリアグリーンにしたんだろう。おかげでType-F用のセンサーマスクもクリアグリーン整形になってるんですよね(スモークが正解)。
 ここは無色でもよかったと思う。というか、それよりエクシアランナー側のコンデンサー用のクリアパーツをグリーン整形に振った方が喜ばれたんじゃないだろうか?

 っつーか、サーベル用クリアピンクも標準で入ってるのね。いま気づいた。
スポンサーサイト
■筆塗り練習/BB戦士 No.316 GN-0000 ダブルオーガンダム
 BBダブルオーが発掘されたので、筆塗りの練習台になっていただきました。
 とりあえずグレーとコンデンサーのクリアグリーンだけペタペタ塗って、スパクリ光沢。
 グレーだけでもしっかり塗ると引き締まりますね。
 GNソードのホワイトは、その辺にあったホワイトサーフェイサー吹いただけ。
 刀身別パーツなんだから、白整形にすればいいのに。
 両肩のコンデンサーだけ、変に突出している形状なのが気に入らなかったので、1/144から移植しました。
cn100419a.jpgcn100419b.jpg
 シールドは白面積大きくて面倒なので廃棄。
 むー、オーライザーも欲しくなってくるけど、本体ダブるのもなぁ。
BB戦士 No.316 ダブルオーガンダムBB戦士 No.322 ダブルオーライザー→Amazon


どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
■1/144[HG00-53] CB-0000G/C リボーンズガンダム お手軽終了
→素組み記事cherryNOIR#1487
→途中記事cherryNOIR#1488
 結局工程としては
・素組み
・側頭部と肩周りだけ接着→合わせ目処理
・シール貼付け→色が足りていないところはシールの余白を継ぎ接ぎして対応
・スーパークリアつや消し
・ウォッシング→白・黄:スモーク、赤:ジャーマングレイ
・クリアパーツ塗装→紫:クリアレッド→クリアブルー、緑:クリアイエロー→クリアブルー
・スーパークリア光沢
 で終了。
cn090913c.jpg
 と、ここまでやっておいてなんだけど。写真に撮ったらあんまり変わらんぞ(-_-;)
 まぁいいやー。
cn090913d.jpg
 パケ絵をよく観ると、胸部のクリスタルの中にはエクシア達と同系の円形コンデンサが仕込まれているようです。再現するにはスペースギリギリかな?
 ……と、あれ、この機体、コクピットはどこにあるんだ……???
cn090913e.jpg
 ノシ。
■1/144[HG00-53] CB-0000G/C リボーンズガンダム お手軽作成中
→素組み記事cherryNOIR#1487
 部分塗装ぐらいしようと思ったんだけど、結局全部シールにしてます。
 基本的な色分けがキット状態でできてるので、シールでも充分ですね。
 細かい黒ラインや、足りてないフレームグレーは、スミ入れ時にまとめてやろうかと。
 で、シールで補完するにしても、キット状態ではところどころ足りません。
 特に目立つのがやっぱり顔面。オミットされたのは、面積小さくて剥がれやすいからでしょうけど。
cn090912a.jpg
 不足部分をシール台紙の余白部分を使って(強引に)補完。
 当然面積の小ささもあって剥がれやすいので、対応策としてハイスピードの瞬着を端から染み込ませて固定しています。
 肝心の余白部分に余裕が無いのでちょっと大変……。フェイス(頬)の黄色は切った貼ったで無理矢理埋めてます。上から瞬着塗って強引にコーティング。
 ついでに側頭部と肩アーマーの合わせ目を消してます。
 つや消しまで吹いたので、次はウォッシング。何色でやれば下品にならずに済むか……。
cn090912b.jpg
 クリアパーツは各々着色。3色必要となると無色透明で成型されたのも致し方ないか。むしろ下手に色付いてるよりはいいかと思えるようになってきた今日この頃。
 クリアグリーン:クリアイエロー→クリアブルー
 クリアパープル:クリアレッド→クリアブルー
 の重ね吹きです。
 エアブラシ欲しいなぁ。

■1/144[HG00-53] CB-0000G/C リボーンズガンダム
 買ってきた。
 Which Witch RADIO#07(あいなまオヤスミ)とドリクララジオ#11聴きながら早速パチ組み。
 クリアパーツは明日ランナーごと塗る予定なので未装着。
cn090911b.jpg
 ……。色分けすげぇ。といってもブキヤほど細かいパーツはありませんし、組みやすさも普通にいつものガンプラですよ。
 色分けにこだわったおかげで、合わせ目の目立たなさが相当です。むしろほとんど目立たないので、逆にパッと見「気になってしまう」合わせ目は、肩アーマーの先端と上腕、側頭部と胸部上面ぐらい。スネの前面も唐竹なんですけど、エッジの頂点に来てるので気になるものではありませんし。
cn090911c.jpg
 後姿は真っ赤ですねー。
 一つだけ不満と言うか違和感と言うか、元デザインもあるんだろうけどツリ目がキツくて妙に顔がのっぺりに見えるんですよねー。まぁいいか。
 色分けもそうですけど、本キットの一番の見所はヒザ関節でしょう。
cn090911a.jpg
 ヒザ関節前面カバーが独立別パーツで連動して、正方向に曲げた時は大腿部に追随して、逆方向に曲げた時はスネの内部に引っ込む。おいおいMGでやれよと突っ込まざるを得ないギミック。
 しかも逆方向に曲げると、連動してふくらはぎ(ダム)の赤い装甲パーツが外側に開くという、ちょっと待ってよやりすぎじゃね?w
 とりあえずこのギミックだけでもこのキット買う価値あるかと。
cn090911d.jpg
 一応キャノンもやってみる。……多分2度とやらんだろーなーw
 設計当初はタンク形態への変形も考えられていたようですが、どうやるんでしょうね。一瞬リクガンガーみたいにスネが前後に割れてキャタピラ出てきたりするのかなーとも思ったんですけど。別にタンクユニット(椅子)用意して、そこに玉座よろしく座らせる方がリボンズらしいかな? そういうハッタリでもない限り、ふらふら飛べる機体にキャタピラとかワケ分からんし。
 明日は部分塗装してつや消し吹いて、まぁできるところまでお手軽に。
1/144[HG00-53] CB-0000G/C リボーンズガンダム
→Amazon:HGリボーンズガンダム


■なんか上手く撮れないヨ
 カメラの調子が悪いのかしら。結構古いし。
 まぁただでさえ大したことのないオレのカメラの腕が落ちたといえばそれまでですが。
 ちょっと酷いので勘弁なー。
cn090422c.jpgcn090422a.jpg
cn090422g.jpgcn090422b.jpg
 とりあえず4枚。
 撮ってて思ったのは、実はダブルオーに一番似合う装備は腰のビームサーベルなんじゃないかという。
 ツインブレード状態でビーム刃付けるのはやっぱり無謀ですね。ありとあらゆるところにガタが来ますw
■アンビデクストラスハルバード
 今更ですが、調べてみたら『ambidextrous』って「両手利きの」って意味なんですね。なんで後端連結モードが「両手利き」なんて名称なんだろう。「とても器用な」って意味もあるみたいだけど、なんでアンビデクストラスハルバード?
 ハルバードってあれでしょ、斧付きの槍。なんでビームサーベル連結したものがアンビデクストラスハルバード? うーん……(ーー;)

■GNソードII連結モード  
 さて、SEEDからの引継ぎなのか、ダブルオーのGNソードIIでも後端連結モードが存在します。今まで何の気なしに「アンビデクストラス」と呼称してましたが、意味を知ってしまえばなんと呼べばいいのか判らなくなってしまいますねー。
 当初は手首の角度が決まりにくいのと、キットの連結パーツがあまりにも御座なりなので、1/100ではなかったことにしようかと思っていたのですが、改修したダブルオーでこのモードが見てみたいというご意見を頂きましたので、レッツ挑戦。
 ……キットの接続パーツが見つかりませんorz
 仕方がないのでちょっと迷って自作してみることに。キットパーツ同様に四角に箱組みするのは簡単だけど、見た目も悪いし強度も取れないだろうしで速攻却下。キットのグリップの端に開いている肉抜き穴を利用して接続パーツをでっち上げてみることにしました。
 1mmプラ版の積層で、3mm厚のジョイントを作成(写真左)。真鍮線で補強して強度を上げてはいたのですが……
cn090419a.jpgcn090419b.jpg
 折れましたorz(写真右)
 真鍮線で固定したところからポッキリ。瞬着併用したとはいえ、接着剤が乾ききってなくって脆くなってたんだなー(ーー;)
 とゆーわけで、現在作り直し中です。一応試作品ではガタツキもなくしっかり一直線に固定できたので、方向性は間違っていません。今度はしっかり乾いてから=プラが完全に固まってから補強なり形状修正なり行います。

■追記
 翌朝再作成。
cn090420a.jpg
 0.5mm真鍮線×5でガッチリ補強。試作ほど形状馴染んでないので微妙ですが、強度優先でこんな形状に。


■ジャンクパーツ漁っててふと思いつき。
 1/60エクシアのビームサーベル刀身パーツを加工してみました。
cn090416a.jpg
 角度を微妙に変えつつ多段のクサビ形に根元から切削。
 軟質パーツで粘りがあるからサンドペーパーも効き難いし、その上厚みがかなりあるから切削しづらいし、なによりクリアパーツだから慎重に行かないと台無しになるしで一苦労。
 一応あたりを取ってから切削に入ったんですが、結局切削面は観るも無残に凸凹です。角度も微妙に全然合ってなかったり。
 まぁ#240と#1000でできるだけ均して、あとは両面テープで強引に止めてしまえば、隙間もあまり目立ちません。この強引さでカバーできるのは軟質パーツ故なので、不幸中の幸いというか……。

 で、これで何がしたかったかといいますと↓

■GNソードII/ビームサーベルモード
cn090416b.jpg
 別に必要ないかなーと思ってましたが、エフェクト付くと印象変わりますね。
 ただ、デカイ・長い・重いの三拍子。ダブルオー本体製作/改修中はこんなもの付けるなんて想定もしてなかったので、先端を接地させておかないと腕の至る所の間接が負けますw

 強力タイプの両面テープで固定してますが、本体は塗装無しでトップコート吹いただけなので、外すときの本体側のダメージはあまり気にしてません。
 あとヤマダ電機でPGレッドフレーム買ったときのポイント使ってCBスタンド買ってきました。普通のに比べて高価いし場所取るし要らねーと思ってたんですけど、このスタンドは充分効果的ですね。ベースがノーマルに比べて二周りほど大きいんですが、ダブルオーライザー状態の横幅の方が広いので、結果的に無問題(モーマンタイ)。

→Amazon
1/100ダブルオーライザーバンダイ アクションベース1 ソレスタルビーイングVer.

■1/100ダブルオーガンダム改修日記~(一応)最終回
 1/100・00シリーズ最大の困ったちゃん、GN-0000ダブルオーガンダムの改修作業がようやく終了いたしました。先日発売された専用デカールの貼り込みもようやく終了しましたので、報告します。

●GN-0000 ダブルオーガンダム三面図
cn090412a.jpgcn090412b.jpg
cn090412c.jpgcn090412d.jpg
 以下、改修点を列挙します。基本的に上半身の横幅を詰めて、頭部~大腿部までを上方に延長した感じです。
■1/100ダブルオーライザー改修日記~なんとかクレーだけ塗ってみた編
 細かい所は筆塗り。面積広いところはマスキングして缶スプレー。一色塗るだけなのに、すっごい疲れた。やっぱり塗装は苦手です。塗装軽々こなす方々は本当に尊敬しますわ。エアブラシ使えばもっと省力化できるんでしょうか。
cn090408a.jpg
 デカール貼りは明日で。

■1/100ダブルオーライザー改修日記~最低限の部分塗装編
 肉抜き穴埋めた箇所や、フレーム扱いの部分や装甲裏でグレーで塗り潰す必要があるパーツを抽出してみる。
cn090407a.jpg
 ……(ーー;)
 こんなにあるのかよっ。
 筆塗りと併用するしかないか……。

 とりあえず、オーライザーのキャノピーだけ先に塗り替えてみた。
cn090407b.jpg
 クリアパーツの恩恵は失われますが、画稿版のグリーンキャノピーの方が好みでしたので。
 シルバー→クリアブルー→クリアイエローでメタリッククリアグリーンにしてから、画稿のイメージで後半に(クリア)スモークグレーを吹いてます(全てスプレー缶)。
 いい感じにグラデーションかかってくれたので、私的には大成功。よく見ると粒子の粗が目立つんですけどね。
 それにしてもなんでオーライザーになっていきなりクリアパーツに色付いちゃったんだろう。画稿の方で別カラーが設定されてるんだから、両色付けるかこういう時にこそ無色クリアパーツにするべきなんじゃないだろうか。バンダイの思考が解らない……。

■1/100ダブルオーライザー基本無塗装改修日記~肩アーマー再小型化
 #1000で表面処理中です。
 オーライザーの合わせ目消してなかったので、接着して消しつつ、平行してダークグレイでスミ入れ。エナメル塗料にペトロールで希釈&拭き取りしてるんですけど、なんで青いパーツは白化しやすいんだろう……。
 で、表面処理しつつ、ふと思い立って肩アーマーを更に小型化してみました。下端を詰めただけですが。
cn090406a.jpg
 ↑オーライザー(無改造)合体。かなりスッキリしたと思うんですが、どうだこれ。
 ダブルオーライザー時にGNシールドの行き場がなくなってしまうので(バインダーには付けたくない……とゆーか、接続ピン切り飛ばしちゃったので、物理的に不可)、なんとかしたいなぁ。
 
 それにしても、5月売りの1/100ダブルオーライザーデザイナーズカラーバージョンって誰が買うんでしょう。12月発売ののダブルオーライザーからスタンドを抜いて、本体の成型色を変更、ライトユニットを一つ追加して首の接続パーツはたぶん新規で?頭部発光までフォロー、GNソードIIIが完全新規でガンダムデカールがテトロンシールになったものが付属と。
 ……新規パーツだけなら魅力もあるんだが、ただでさえ場所をとる上に、素組みじゃ所詮あの出来の1/100ダブルオーを、この程度の内容更新の為に、わざわざ5000円も出して追加で2体も3体も買う人いないんじゃ。少なくともオレは買わん。だだ余りして6~70%引きで投げられてたら一瞬考えるかもしれないけど、結局場所取るだけなのでやっぱり買わない。今更ここまでするなら、ノーマルのダブルオーライザーは商品化するべきじゃなかったよなぁ……。
 っつかデザイナーズデザインに忠実に起こしてデザイナーズカラーで成型してMG化すれば済む話じゃん……。
 新規パーツだけ武器セットとしてノーマルカラーで発売してくれればいいんですけどね。1/144用GNソードIIIも然り。あ、1/144はボーナスでデザイナーズカラーもあると助かる。ってかホントに武器セット出ないかなぁ。ガンダム各機の最終決戦用のオプションとか、アヘッド用バズーカとか、今更キュリオス用テイルブースターとかミサイルランチャーとか、いっそ思い切ってダブルオーセブンソードとか、需要とネタには事欠かないと思うんだが。

[プラキット]
■アーマード
 アーマード来たよ……。劇場版で作品寿命が延びた上、そもそも新型機がポンポン出てくる作品じゃないとはいえ、ガンダム以外の作品です。先日スーパーオズマ機でお茶を濁されたこともあって、アーマードまでフォローしてくれるか心底不安だったバンダイ1/72シリーズ。ホビー事業部GJ。
 ってかロボ魂の金型そのまま流用して組み立て式のプラキットとして出すことはできないんでしょうか。斬月とか月下とか。バンプレのスペクリもキット化して一般流通してくれればいいのに……。

■1/100ダブルオーガンダム改修日記~閑話休題[ソレハサテオキ]
 設定上はダブルオーの両肩に搭載されたGNドライヴは、技術向上によるTDブランケットの小型化等の影響で、エクシア等第3世代までの機体に比べて小型化されていることになっています(GNドライヴ本体自体は共通)。
 ↓左から1/144HGダブルオー、1/100エクシア、1/100ダブルオー。
cn090404a.jpg
 でっかくなってんじゃん(-_-;) どう考えてもライトユニットを仕込むためにこのサイズにならざるを得なかったと思うのですが、結局のところそれって本末転倒なんじゃ。
 ……とか思ってたんですが、この記事書きながら遅まきながら、勘違いにようやく気付く。
 そうか、第3世代の機体のドライヴは、コーンだけじゃなくて胸部のレンズ部まで貫通して、一つのGNドライヴユニットになってるんだっけ。1/100ダブルオーの解説書の設定画にあるように、ダブルオーではそれだけスペースを食ってたシステムが実質コーンパーツのみで完結してるのか。なるほど、ならばコーンが大きくなってても『小型化』だ。
 と、自己完結で納得したところでこのまま行きます。

バナー
バナー作ってみました。
cnBanner01.jpg
cnILLUSTRATIONs
cn20070220.jpg iconGA001.jpg iconGA002.jpg iconGA003.jpg iconGA004.jpg iconGA005.jpg iconGA006.jpg iconGA007.jpg iconGA009.jpg iconGA010.jpg
[Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~(杉本功描き下ろし絵柄スチールブックケース付)
[BD]BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~
[BD] BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~

(2013年09月25日発売 ¥6,825)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
 祝4期!!
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box

(2012年07月25日発売 ¥25,200)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box

(2012年08月22日発売 ¥27,300)

シロガネオトメ
利用満足度で選ばれてます。「ESET Smart Security V4.0」
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。