プロフィール

光機

  • Author:光機
  • 塗装までなかなか行き着きませんが、ガンプラ改修どんとこい
Twitter
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
公式リンク
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
改修途中で放置していたザカールを、数年ぶりに引っ張りだしてみました。
肩のブレードや、頭部のアンテナ折れてたりで補修しつつ、ここ数年で培った技術(?)を駆使して再改修です。

■20130309
 とりあえずおもむろに主要な関節を更新しました。
cn130309b.jpg
 肩関節・股関節・腹部(上下)・首(上下)の計8箇所に、コトブキヤのP-142ボール&軸受セットを投入。
 1/144クラスならともかく、1/100SPTにはスペース的に微妙かなと危惧したんですが、特に問題なく収まりました。相変わらず便利アイテムです。常時1ダースは手元においてます。

■20130310
 欠けてしまった頭部アンテナを、0.3mmプラ板で作り直し。
 ついでにバックパックの接続もP-142に変更しました。ボールジョイントで角度つけられます。
cn130310a.jpgcn130310b.jpg
 バックパックの配色どうしようかなぁ。設定無視してグレー系に振るのを検討中。

■20130312
 左前腕のクローが後ろ側に行っちゃうのが微妙だったので、手首ブロックで切り離して差し替え回転できるようにしました。
cn130312a.jpg
 ついでに手首の接続もP-142に更新。右腕にも仕込まないと。

■20130313
 散々躊躇してた鬼門の右肩アーマー形状変更に重い腰上げて挑戦してみました。
 案ずるより産むが易し。
cn130313a.jpg
 ちなみに首へのP-142の投入でコクピットスペースの余裕ができたので、マーベットさんを乗せてみました。結構余裕ありますね。
cn130313b.jpg
 なお、現時点で頭頂高測ってみたら、9.7cm程度でした。設定では「全高」11.82mらしいですが、肩のブレード入れても11cm。あと1cmも大きくできませんw
スポンサーサイト
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!

■改造エステバリス
cn100811b.jpg
 MGの寿杯に出そうと思ってたんだけど、ナデシコシリーズ対象外ですって。
 どうしよ。

■パチ組み D-Style イングラム
cn100811a.jpg
 ここまで楽に組めるキットだとは。グリフォンと、零式も出るんでしたっけ。続くといいな。
■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記
 部屋の掃除してたらずっと探してた電ホビ付録のレイズナー設定画集を発見。
 改めてよくよく見てみたら……
 ザカールって左右で肩アーマーの形状違うんですね……。
cn100705b.jpg
 プラモのインストにも載っているメインの設定画は、左半身のアングルなんですけど、どうも左右で形状があってない。なんか怪しいなとは思ってたんだ。
 正面図の設定画が一枚あれば事足りるはずなのに、右肩がちゃんと確認できる設定画がほとんどないという。当時はどうやって作画の指示してたんでしょうね。
 どうもカウルの形状だけじゃなくて、スラスターの位置自体も左右で微妙に違うみたいなんだけど、右肩スラスターは左肩と同じ三連バーニアで合ってるのかしら。
 直すのめんどいなこれ。元々多少はオリジナル解釈で各部ディティール改変してるので、ル・カイン専用機って設定自体無視しちゃおうかな。
 っつか、当時の1/100キットはおろか、悪名高いパームアクションも左右対称なのね。誰かチェックしなかったのかこれ。

■20100706:追記
 なんか本編では左右対称になっていたという話を聞いたので……。
cn100706b.jpg
 見事に左右非対称になってるカット。
 というか、手持ちこれしかないので他知らないんですが。
 何話のなんだろ。話数によって左右同型になったりしてたのかしら。

■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記~肩アーマー
 機体各所で方式がバラバラなスラスター類に統一性を持たせるという方向性は決めたものの、設置箇所の形状の複雑さと、ほぼ一発勝負になるため失敗したら取り返しが付かないという理由で、なかなか踏ん切りがつかなかった肩アーマーのスラスター。ようやく形にできました。
 設定では肩アーマー内部に3連スラスターが設置されていますが、横縦の長さを考えると3連綺麗に収める自信がありません。というかそもそも、個々にちょうど合うスラスターパーツが見つかりません。ここは「スラスター類に統一性を持たせる」という名目で、思い切って方式から変えてしまいましょう。
 というわけで、HGUCメタスの脚部内部から拾ってきたフィンモールドを、肩アーマーの形状に合わせて切り出し設置してみました。あぁ大変だった。
cn100412a.jpgcn100412b.jpg
 残りは脇と下半身のスラスター類、頭部の最終微調整と加工で消えてしまった各所のディティール復活、それに一番の難関、バックパックの羽の再解釈です。うまく行くかなぁ。
■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記~バックパック途中
 バックパックとにらめっこして、あーでもないこーでもないとずーっと弄ってました。設定形状がどうにも気に入らないので、構造から適当に変えようと思って。
 HGUCメタスから引っ張ってきたスリットパーツを適当に加工してペタペタ。
cn100405a.jpgcn100408a.jpg
 当初は市販のパーツに置換する予定だった、中央に2つだけ縦に並んでる小さい円錐バーニアは、姿勢制御用にしても正直意味が分からないので、もう排除しちゃおうかと。
 かわりにメインスラスターを上部のブロックの出っ張りに設定してみました。ここはメタスの両脇のスラスター。一つだと横幅が足りないので、2つ繋げてます。接合部は仕切られてると思ってください。
 バックパック下部の4段になってるところに、メタスの爪先から切り出してきたディティールを貼り付け。上部とこことでメインスラスターみたいなイメージ。
 バックパック上部には、メタスの足裏のディティールを薄く削って貼り付けてみました。
 元々円錐バーニアが付いてたところは……、推進剤のタンクかなぁ(イメージ)。
cn100408b.jpg
 さて、羽(?)はどう解釈しよう……。ただの放熱板?
■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記:SPT頭部容積の考察
 8~10mクラスの機体にも関わらず、SPTのコクピットは頭部に存在します。
 人が乗り込む以上、コクピットサイズ/頭部のサイズは自ずと決まってしまうわけで、「劇中作画のような頭が小さく描かれたSPTは設定上矛盾する」という話はよく耳にします。
 現在同じくザカール製作中の「始めようホームシアター」by RX5さんのところでそんな話が持ち上がっていました。
 この、頭が小さく、プロポーションのよいSPTは成立するのかという問題。
 ……できない事はないとおもうんですよね。
 試しに図に描き出してみました↓。
 自動車のシートのように「普通に」座る場合を想定して、球形コクピットを作成する場合、身長180cmの人の場合は内径おおよそ1.6mが必要になります。装甲厚に5cm持たせれば、外径は1.7mぐらい必要でしょうかね。
 ガサラキのTAやエステバリス、紅蓮弐式のように、バイクのような前傾姿勢で載る場合は、もう少し絞れるはずです。そのうち検証します。
 で、球形コクピットの場合は1.6mが最小値なんですけど、SPTの場合は球形にする必要はありませんね。高機動兵器なんだから、身体はガッチリ固定しておく必要がありますし、居住性も求めちゃいないでしょうから、余分な空間は要りません。お尻の下とかの空間はごっそり削れます。
 人が座った状態と、シートのサイズに合わせてザカールの頭部を描き出してみたら、アゴの基点から頭頂まで、1.5mもあればなんとか充分そうです。
 頭部で1.5m。頭頂高が9.8m。割れば大体6.5頭身です。試しに製作中のザカールを測ってみたら、だいたいそんなものでした(※頭部内部にボールジョイントの受けを設置してしまったので、もう乗せられませんが)。
cn100405b.jpgcn100405c.jpg
 ちなみに横幅は当然1mも要りません。
 基本的にレイズナーのキットで頭が大きく見えてしまうのは、横幅がありすぎるからなんですよね。昔のキットってレイズナーに限らず大体そうなんですけど。
 なので、上下幅は無理に詰めなくても、横幅詰めちゃえば結構小顔に見えるようになるものです。
 ザカールのパイロットのル・カインでしたっけ。彼は大柄らしいのでこれだと多少キツイのかもしれませんが、そこはそれ、「服に身体を合わせて」もらいましょうw

バンダイホビーサイト出荷予定(2010年04月分)
 今月のバンダイホビー事業部の出荷予定リストが更新されていましたが、新製品以外に特にめぼしい再販情報が無くってがっかり。
 MGウイングの発売に合わせて「ウイング以外の」1/100キットは再販かかりますが(ウイング出さないでどうする)、期待していたGX関連のキット再販は予定なしの様子。えー。ちょっとバンダイ何やってるの。このタイミング逃しは痛恨事だろ。
 来月の輝羅鋼復活のために温存してるのかしら。

■1/100ザカール改修日記
 バックパックの面出しでなかなか進まず。ただの箱なので、少しは面取複雑にするとか、スラスターユニットの構成自体説得力のある形に再考するとか考えてはいるんですが、一番謎なのが、サイドに付く扇形のフィンですよ。
 これなに? 翼じゃないようねどう見ても揚力稼ぐのが目的じゃないだろうし。航空機と同じく、中身は燃料タンク? それもないと思うなー。バックパックの容積考えたら十分燃料収めるスペースあると思うし。単なる飾りでないとすれば、推力を無理矢理補正するための整流板か何かかしら。
 そもそもザカールのバックパック自体が構造的に謎だ。メインスラスターは口径と推力線から考えると最下部の長方形部分で、背中に2基付いてる釣鐘バーニアは姿勢制御用だと思うんですけど、メインの推力線の方向調整ってできないよね、これ。
 それはさておき、スラスター周りどうしようかなーと思ってたら、関節ガッタガタになってるHGUCメタスを発掘。フィンモールドが前進に付いてる機体なので、これ流用できないかなーと、とりあえずバラしてみた。
 さて、どうしたものか。
cn100405a.jpg
 レーザードライフルは銃身下部のセンサー?が2本まとめて整形されてるっぽいので、1mm真鍮線で再生してみました。開口の邪魔なので、銃身は一度切り離して真鍮線で再接続してあります。

■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記
 バカテスの#12~13観ながら昨日の続き。あ、バカテス2期やるんだ。へー。
 パイプスプリング1mm径買ってきたので、改めてサイドアーマーを接続します。
 ……いやはや、パイプスプリングの制御って難しいですね。たかが6~7mmを毛羽立たせずに切り出すだけで一本丸々潰れましたわ。なるほど、前に買ってそんなに使った用途もないのに見当たらなかったのはこのせいか。
 しかもほぼ正確に垂直に開口できたはずなのに、実際やってみると微妙にズレるし。途中でパイプスプリングが曲がってるのか? もうちょっと微調整が要りそうです。
 まぁなんにせよとりあえずサイドアーマーの接続は一応の成功です。サイドアーマーも理想的に動いてくれましたし。
cn100401b.jpgcn100401a.jpg
 なんかヒザ立ちができました。ちょっと自慢。実は右ヒザ接地してないんですけどw 右スネの下端と右の爪先、左足裏の3点でいい感じにバランス取れました。
 次は全身のスラスターですね。……なんでこの機体、スラスターの規格が全部違うんだろう……。


■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記 サイドアーマー編
 『everywhere』聴きながらチマチマ作業。
 脚部の可動範囲を確保しつつ、サイドアーマーの接続にボールジョイントを設定するのはクリアランス的にちょっと無茶なので、柔軟性とデフォルト定位置への回帰性を両立するためという名目も兼ねて、パイプスプリング接続にします。
 ザカールの場合(というか、SPTの場合)、サイドスカートがフロントの半分ほどまで回りこむ構造になっているので、足を前方に出す場合のサイドスカートの選択肢は2つあります。
 一つは大腿部に追随させて、スカート自体が前方に振れるようにするか。
 もう一つは、スカートの基点をリアアーマー付近に取って、観音開きに開かせて逃がすか。
 散々迷った挙句、今回は後者を取りました。
 股関節の可動を阻害しないように、リアアーマー付近にプラ板を積層。サイドアーマー裏面にも適当にプラ板積んで、適当に整形してから一度接着しました。この時、デフォルト位置をしっかり決めます。
cn100331a.jpgcn100331b.jpg
 アーマーの外側から積層したプラ板に向かって1mm開口。位置が解りやすいように真鍮線刺してます。貫通はしてないです。
 ご覧の通り、サイドアーマー中央ではなく、かなり後ろに振ってます。効果はあるかな?
 あとは先程接着したサイドアーマーを再分割して、パイプスプリングで繋ぐだけなんですが……あれ? こないだ使ったはずなのにどこにもない。……むぅ、明日買ってこよう。
 という訳で今日はここまで。ちゃんとこの方法で理想的な可動が成立しているのか、結果は明日です。


■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記
 ふたばに晒したら、フトモモ伸ばした方がいいとアドバイスを頂いたので、大腿部+1.5mm。
 +2.0mmだとやりすぎなので、この辺がバランス的にはギリギリだろう。
 副次効果で、頭頂高が設定値(9.8m)に比肩しました。タナボタタナボタ。
cn100329b.jpg
 とりあえず、膝裏の干渉部位排除したので、ヒザ関節を引き出せば90度は一応行けます。

■ハヤカワ文庫JA
 冲方丁さんの3月新刊(復刊)買ってきたんだけど、ハヤカワ文庫の版型変わったのね。10.5×15.7cm。縦が伸びてる。
 ……あの、このサイズだと文庫サイズ用のミエミエ(透明ブックカバー)に入んないんですけど。コミック用・新書用だと大きすぎるし。嫌がらせか(ーДー)
cn100329c.jpg
 とりあえず、コアデさんにこれに対応したサイズ(徳間デュアル文庫もフォローできるヤツ)新規で開発してもらえないか提案してみた。
 マジ頼む。



■1/100ザカール改修日記
cn100327a.jpg
 左腕部クローの形状変更中。結構めんどい。
 ちなみに可動範囲は現状こんなもんです↓。
cn100327b.jpgcn100327c.jpg
 これヒザ関節全然動かないんだぜw
 ……どうしよう(今更)
 大腿部左右入れ替えて関節曲げるときに少し引き出せば、騙し騙し90度はいけるんですが。
■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記
 昨日から手を付けていた、肩関節の改修。
 当初は本当にキットの構成のままのつもりだったんですが、後ハメするか、肩ブロック挟んだまま塗るか迷った結果、肩ブロック丸々新造することにしました。
cn100323a.jpgcn100323b.jpg
 ヒジ関節用に買ったPC-02と、それに合うプラサポを使うと丁度いいサイズになってくれたので、プラ板で適当に上乗せしつつ、2mmプラ棒で上腕との接続軸を設置。
 肩アーマーは内部の接続軸を削り落として、軸の付いていた面に2mm穴。胴体との接続は、プラサポのBJ-03です。
cn100323c.jpgcn100323d.jpg
 肩ブロックと肩アーマーを分離させたので、アーマー設置位置も上にズラしました。
 結構いいプロポーションになってくれたと思うのですが、いかがでしょう。
 次は、未だに決まっていないサイドスカートの接続ですねー。

■1/100 SPT-ZK-53U ザカール改修日記
 2日目から昼過ぎにさっさと引き上げてからヒザ関節作業。
 脚部は腕部と違ってダボ穴が片方にしかないのでどうしようかと思ってたんですが(片方だけだと強度的に不安)、ダボ穴に2mmの真鍮線刺してがっちり固定→腕部と同じくPC-02通してみました。
cn100321a.jpgcn100321b.jpg
 関節位置は全く変えてないので、可動範囲は些かも改善されてないんですけどねー。
 なんか微妙にヒザに設置したPCの軸がぐらつく感じがちょっと不安。
 首ちょっと短いか? ダブルジョイントなので微調整可。

バナー
バナー作ってみました。
cnBanner01.jpg
cnILLUSTRATIONs
cn20070220.jpg iconGA001.jpg iconGA002.jpg iconGA003.jpg iconGA004.jpg iconGA005.jpg iconGA006.jpg iconGA007.jpg iconGA009.jpg iconGA010.jpg
[Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~(杉本功描き下ろし絵柄スチールブックケース付)
[BD]BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~
[BD] BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~

(2013年09月25日発売 ¥6,825)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
 祝4期!!
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box

(2012年07月25日発売 ¥25,200)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box

(2012年08月22日発売 ¥27,300)

シロガネオトメ
利用満足度で選ばれてます。「ESET Smart Security V4.0」
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。