プロフィール

光機

  • Author:光機
  • 塗装までなかなか行き着きませんが、ガンプラ改修どんとこい
Twitter
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
公式リンク
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

■野梨原花南「天使から百年 魔人と主人と廃棄物」 イラスト:ここのか
野梨原花南「天使から百年 魔人と主人と廃棄物」
(富士見ファンタジア文庫刊 2010年05月20日発売 ¥609)
 大当たり。このラノ今年やったら一位で送るかも。
 野梨原さんの作品読むのは「マルタ・サギー」以来。とゆーか、マルタしか読んでないんですが。
 マルタは凄かった。明らかに薄いのに(物理的にw)、事態がシームレスに発生して事あるごとに急展開な印象なので、内容密度が厚さと反比例して濃い濃い濃い。それでいてキャラクター一人一人の描写に「もっとページ取って掘り下げてみてみたい」的な物足りなさがほとんどないのは正直凄いと思ったわ。「カード戦争」もキーになる要素なのに、ベースの展開自体にはほぼ絡まないという意外さも良かった。
 で、今回。
 相変わらず文章が軽快でサクサク進んで、なおかつ描写に過不足なし。格が違うと思ったわ。
 主人公が「異世界」の少女で、「召喚」された「魔人」が日本の「普通の/異世界通過時に能力アップデートでチートキャラ化した」女子高生って点は、マルタとパターンが逆ですね。
 展開的にもマルタを踏襲してる様子。まさか1巻目でマルタの3巻目な状況になるとは思わなかった。いえ、マルタが3巻目でいきなり「戻った」ときも展開の速さにビビったんですが。あとがき読んだら全3巻構成なんですね。
 もったいないなーと思いつつも、確かに散々巻数積んでいつ終わるとも知れなかったり、まして「次で最終巻です」とか突然言われて絶望したり、あるいは最悪途中で打ち切りになって未刊のままになったりするよりは、しっかりきっぱり最初から明言されてた方が、読者にとっても作家にとっても確かに最善か。
 イラストはここのかさん。今回はイラスト二の次で買ったのもあって、口絵で見て初めて気付いたりw なんか表紙の塗りがいつものここのかさんより柔らかいから気付かなかったのかな? 人選としては極上ですが、口絵や挿絵の服装が文章描写と矛盾してる点がちらりほらりと結構目立つのが痛恨事。担当さん、しっかりチェックしてください……。あと防護服のデザインが見れずじまい。展開的に下手すると今回の一度しか出番がないかもなのに、なぜイラスト指定しなかったんだw
 次巻「天使から零年」。全3巻でいきなりメインタイトルが変わるようです。最終巻が「何年」になるのか想像もつきません。引っ張り方も巧いわ。九尾堂=キュービドー≒キューピッド?ね。
 小ネタとしては、ロードリーの押し込められた世界(気体も液状化する高圧の惑星)とか。世界観といえば、魔法の類が歴然とある世界なのに普通にPCあったりしている20世紀レベルなのが面白いね。携帯に類するものはないようだが。
 あと
『なんで激励サインなのかしら。』
 この一文でオレの心持っていかれたw わははw カイ可愛いわw
スポンサーサイト
2010/06/18 22:56 小説感想 TB(0) CM(0)
 ゲマズ委託のメーカーオフィシャル通販って、ゲマズ側から逆に辿ることはできないのね……。面倒い(-_-)]

■ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス 著:川原礫/イラスト:abec
(電撃文庫 2009年12月10日発売 ¥599)
ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス)
 1巻目で全部決着ついて、2巻目は時間軸を戻してサイドストーリー。3巻目はどうするんだろうと思ってたら、別ゲームに舞台を移して新展開でありました。こういう展開はすっごく嬉しい。むしろいつまでも同じ敵勢力との戦いを人気が続く限り延々引き伸ばすよりは、適宜仕切り直しした方がいいと思うし。
 SAOからALOに舞台は変わって世界観も大きく変わり(今度は空中戦)、システム的にはSAOと共通しているのでステータスも一部継承可。おかげでユイが早々に復活で、再会シーンは思わず感涙。
 ALOの新キャラは「おまえかよっ」っと世間の狭さに突っ込まざるを得ませんがw美味しスギます。1巻2巻も相当だったけど、新展開はそれ以上に面白いな。4巻は初夏って……長ぇ……。

■VARDIA検討中
 RDシリーズの録画予約ランキングを見てみたら、1位~50位までが全部アニメで大爆笑。
 RD-S1004Kの価格がリバウンドしてて、底打ったときに無理してでもAmazonで買っとけばよかったかなーとちょっと後悔しつつ、現状の価格と信頼性から(やっぱり近所に実店舗あったほうがいいかなーとか)比較はしてみたんだけど、最上位のRD-X9と価格差15,000円ぐらいなのね。むー。
 しかしヤマダはWEB.COMと実店舗でなんであんなに価格差あるんだろ。X9なんか実店舗で118,000ぐらいだったかな? 6桁切るのは難しいっぽいけど、WEB.COMだと84,800円……。えー。これって交渉したら詰められるのかしらん。
 保障もどうしようかなぁ。K'sなら無料で5年付くんだけど、ヤマダだと5%取られるでしょ。4,000円の上乗せはなぁ。別に付けなくてもいいかなぁ。現行のRD-XS36も5年近く使ってることになるけど、たまにディスクエラーが出るぐらいで修理が必要になることは特になかったし……。最近なんかギーコギーコ言い出したけどw
 デッキさえ買っちゃえば、テレビの方は後回しでいいやと思ってたけど、HDMI端子付いてるPCモニターで充分なんじゃねとか思った。今PCとXbox360繋いでるモニターはHDMI端子付いてなかったので、別に探す。PS3(未所持)と共用にしたいのでHDMI端子複数付きで探してみたら、PCデポのWEB限定になってるプリンストン/Princeton HTBGF-22W (21.5型ワイド液晶)がHDMI端子2個付きで14,800円。あ、これでいいじゃん?
2009/12/14 13:37 小説感想 TB(0) CM(0)
■西尾維新『きみとぼくが壊した世界』(講談社ノベルス)
きみとぼくが壊した世界
 ハードカバー版しか読んでなかったので、ビジュアルこんな娘だとは思ってなかった病院坂黒猫。
 メタ構造で萌えさせるのは反則だと思う。ズルイよこれw
 劇中の「ライトノベルとミステリーは相性が悪い」という一家言にはなんとなしに失笑w>富士見ミステリー文庫のことかー。

→西尾維新・世界シリーズ
Amazon:『きみとぼくの壊れた世界』
Amazon:『不気味で素朴な囲われた世界』
Amazon:『きみとぼくが壊した世界』
→西尾維新英語版
Amazon:『Zaregoto BOOK 1: The Kubikiri Cycle』(2008年7月22日発売)
Amazon:『Zaregoto BOOK 2: The Kubishime Romanticist』(2008年12月30日発売予定)
Amazon:『xxxHoLiC: ANOTHERHOLiC』(2008年10月14日発売予定)
2008/08/15 07:43 小説感想 TB(0) CM(0)
本感想。

■まんがタイムきららフォワード 2008.09
 アニメ化ってのはマジなのか、単なる作中のネタなのか。マジだったら祝。真相は9日か。
 とりあえず新連載、「うぃずりず」でおなじみ、里好さんの新作『トランジスタティーセット~電気街路図~』。古きよき秋葉原の姿がここにあるって感じで好感度○ー。いえ、秋葉原最近全然行ってないんで、現状どうなってんのか知らんのですが。百合全開!w

■日日日『魔女の生徒会長III 案山子たちのグランギニョル』
 レーベル:MF文庫J イラスト:鈴見 敦 価格:609yen(in ISBN:9784840123686
Amazon:『魔女の生徒会長III 案山子たちのグランギニョル』
 なんか鑢七実がいる(禁句?)w
 トリック的には非常に親切な部類なんだが、以下略。
 とりあえずいままでの3巻までの中では一番普通に楽しめたかも。日日日さんの作品の中でもアクが強いシリーズだからなぁ。

 本の感想難しいー。
2008/07/25 08:52 小説感想 TB(0) CM(0)
本感想。

■有川浩『ラブコメ今昔』
 出版者:角川書店 装画:徒花スクモ 価格:1470yen(in ISBN:9874048738507
Amazon:『ラブコメ今昔』
 有川さんって刊行ペース速いですよねー。矢継ぎ早って感じ。今回は『野生時代』に掲載された約1年分の短編5本に、書き下ろし短編1本を加えた単行本。
 5本目の「秘め事」(上官の娘と上官に内緒で付き合ってた陸自二尉の話)と書き下ろしの「ダンディ・ライオン~またはラブコメ今昔イマドキ編」(元気がとりえの防衛大卒エリート三尉と、3つ年上陸自広報カメラ担当のニ曹くんの馴れ初め話)が好きかな。
 あとがきで有川さん自ら書いてらっしゃいますが、これがまたこっぱずかしいのなんのw ニヤニヤしながら読ませていただきました。ゴチ。

■藤野千夜『少女怪談』
 出版者:文藝春秋 装画:Tiv 価格:1260yen(in ISBN:9874163270005
Amazon:『少女怪談』
 帯キャッチ:「とてつもなく愛らしく、けっこう惨酷。女の子四人のこわくない「怪談」。~危うい年頃の切ない心模様を描き尽くした傑作短編集」
 表紙(とゆーか幅広の帯)のイラストに騙されたw
 コミック仕立てにコマ割りされてる表紙イラストは、シチュエーションだけなら本文1話目『ペティの行方』の冒頭部分をほぼ忠実にビジュアル化しているんですが(裏表紙側に萌え系食玩まで設定する徹底振り)、肝心要の女の子が本文中の描写/イメージと全然別人だ! いやー、騙された騙されたw ちょーっとー(ーー;)
 本文は短編4本なんですが、どれもラストが謎も展開もぶった切る投げっぱぶりでかなり唖然。いいのかこれw

■葉山 透『ルーク&レイリア 金の瞳の女神』一迅社文庫アイリス版
 レーベル:一迅社文庫アイリス イラスト:ひだかなみ 価格:650yen(in ISBN:9784758040150
Amazon:『ルーク&レイリア 金の瞳の女神』一迅社文庫アイリス版
 富士見ミステリー文庫刊、2002年度第1回富士見ヤングミステリー大賞最終選考作。葉山透の記念すべきデビュー作にして、残念ながら3巻で止まってしまった名作、『ルクレリ』こと『ルーク&レイリア』が、新創刊のライトノベルレーベル[一迅社文庫アイリス]よりイラスト一新イメージ一新で奇跡の大・復・活! 一迅社の担当者さんありがとう!
 イラストレーターが睦月れいさんからひだかなみさんに変更になったことで、雰囲気がガラッと変わったキャラクターたち。有り体に言えば、みんな若くなったw 主役の二人は18歳設定なんですが、ミステリー文庫版は見た目えらい妖艶で実年齢より上に見えるレイリア。一方アイリス版はほぼ年相応の容姿になってますね。本文中の微妙な修正として、若返ったw容姿に合わせるような描写に変更されてたりします。でもエリオットの容姿については、今回イラストでは金髪なのに、地の文では『茶髪』のままだったりして。微妙だけどその辺惜しいかなー。
 加筆もチラホラ見られます。冒頭にレイリアのモノローグ追加。中盤の、ミステリー文庫では街のチンピラ3/5人相手に結構追い詰められていいとこなかったルークの戦闘シーンに加筆で見せ場増量。終盤、富士見ミステリー文庫ではいともあっさり解決してしまった『最後の謎』の解明に至る、ルークとレイリアの戦闘シーンが大胆に追加されておりました。ここの追加シーンはビックリですよ。ミステリー文庫版では、身は軽いけど戦闘は苦手っぽい印象だったルークが大きく改定された感じ。
 また、街を見下ろすルークとレイリアの会話シーンに、なんだかいい雰囲気なシーンが追加。あと、エピローグのレイリアのデレ(演技)シーン。演技とはいえこれは嬉しい誤算。旧睦月キャラデではこのシーンはありえなかったw 
 完全書下ろしの短編「秘密の小箱」は本編始まる2ヶ月前の、レイリアとシャルフィの遭遇エピソード。こちらも楽しめましたよー。隔月刊行予定の2巻3巻は今回と同じく加筆修正+書き下ろしな構成になると思いますが、予想以上に期待できそう。今後の完全新作続編も楽しみです。
20080719II ルーク&レイリア 金の瞳の女神 葉山 透/ひだかなみ 650yen(in
20021025FM ルーク&レイリア 金の瞳の女神 葉山 透/睦月れい 567yen(in
20021125FM ルーク&レイリア2 アルテナの少女 葉山 透/睦月れい 588yen(in
20030121FM ルーク&レイリア3 ネフィムの魔海 葉山 透/睦月れい 588yen(in
Amazon:『ルーク&レイリア 金の瞳の女神』←旧キャラデ。別人w
2008/07/24 08:55 小説感想 TB(0) CM(0)

[小説感想]
■富士見ファンタジア文庫『放課後トロイメライ』著:壱乗寺かるた/イラスト:日吉丸 晃
「キャッチフレーズは!」『ラブ!』「合言葉は!」『ラブ!』
「変わらぬ魂はここに生きている!」
(from P.185-186)
 Yes! ビバ、富士見ミステリー文庫!! 美春ちゃんいいこと言った!
放課後トロイメライ
 既刊8冊『さよならトロイメライ』から改めましての『放課後トロイメライ』。『夜想譚グリモアリス』→『幻想譚グリモアリス』に続く、富士見ミステリー文庫(以下FM)からのファンタジア移籍組第3弾!(数年前に完結作『Dクラッカーズ』が新装新作含めて移籍してます)
 変わらぬトロイメライをありがとう! 八千代ちゃんは相変わらず最強でした!
 
 今回は妹来襲+新聞部主催のバレンタインの本命チョコ争奪レース。なんかとっても某リリアンを彷彿とさせるのは……気のせいではなかろう。微妙にマリみてネタ入ってたし。それにしても「チェキ」ってのは「兄貴」とか「にぃや」とかと同列の言葉だったんですねー。へーw

 ファンタジアに移籍したせいか、今回のファンタジア化から読む読者を意識したのか、FM期に比べて一番の違いはミステリー的な要素が今回皆無だったことでしょうかw まぁ稀代の暴走思考の主人公、藤倉冬麻が毎回毎回何らかの事件に巻き込まれてるのも御都合以前にシリーズ重ねるとさすがに不憫で、たまには事件性は忘れて平和に過ごさせてやってくださいと思っていたので、そういう意味では願ったり叶ったりな面もあるんですが、たまにはミステリー的な要素も投入していただきたいものであります。もっとも前シリーズ後盤はミステリーというよりバトルアドベンチャーっぽくなってきてましたけど。
 あと今回、登場人物の数が抑えられていたことも評価点。もともと現「トップ3」関係者6人+周辺人物αに加え、事件にかかわる要素として数代前の、既に卒業している「トップ3」OBまで絡む構成で、タダでさえ序盤から登場人物の多かった本作。FM版後半ではここにさらに他校の生徒まで絡んできてさすがに飽和気味。ぶっちゃけ把握しきれてなかったw 移籍に伴う導入編ゆえでしょうが、事件性がないことで登場人物も無駄に増えたりしなかったのがよかったですね。読みやすくて。

 ところで本文パッと見たときになんか違和感あったんで何かと思ったら、1ページ辺りの文字数がミステリー文庫に比べて行数で17行→16行、1行辺り42文字→40文字に減ってる様子。1ページ辺り74文字、なんと情報量にして10%も少なくなってるんですね。はー。

2008/06/22 11:22 小説感想 TB(0) CM(0)

小説感想

■電撃文庫『シフトI―世界はクリアを待っている―』著:うえお久光/画:STS
シフトI―世界はクリアを待っている―
 うえおさんの作品読むのは初めてですが……。
 エピローグ最高じゃないか。

 なんか以前ハードカバーで2巻まで出ていたらしい作品が電撃文庫に移籍&3巻以降確定した作品だそうで。来月2巻で再来月に3巻の連続刊行勢いありそうなので試しに購入してみました。
 有り体に言ってしまえば『夢の中でリアルにネトゲ』。
 夢の中では別世界。自分ひとりだけではなく多人数が同じ世界の夢を共有していて、各人各々自由に生活している。『向こうの世界』での死の代償は、『向こう』での記憶の削除とアカウント停止。そこまではいいのですが、ネットはおろかパソコン含むゲーム用ツールを媒介にしているわけでもないただの『夢』のはずなのに、何故かレベルとかカードによるスキルとか、肉体のどこかしらに設けられたカードスロットとか、アナログファンタジーに似つかわしくないデジタル世界観。ゲームマスターはいるっぽいので、最終的にファンタジーよりはSF寄りの設定になると思いますが……。
 まぁ一番謎なのは時間軸ですね。『向こうの世界』でどれだけ過ごそうと、『現実世界』では普通に一眠りの時間で帰ってこられる御都合設定なのですが、「どれだけ過ごそうと」というのがとにかく曲者。10分だけ『向こうの世界』に行ってようが、30年『向こうの世界』で過ごすことになろうが、現実世界に戻ってみればあくまで『一眠り』なワケですよ。もちろん睡眠時間なんて一人一人異なるわけでして。8時間寝ても1時間だけ昼寝してても『一眠り』としてカウントされるようなので、結局それって他人の間では『向こうの世界』で起こったイベントに、確実に『時差』が存在することになるんじゃないでしょうか。本編ではその辺の時差はまったく無いものとして描かれていましたが……。
 だって例えばAさんが22時に寝て8時間就寝→翌朝6時に起きるまでに『向こうの世界』で3日分のクエストをやってきた場合と、B君が24時に寝て6時間就寝→翌朝6時に起きるまでに『向こうの世界』で3時間過ごしてきた場合は、明らかに『向こうの世界』での情報/例えば差分の69時間の間に起こったイベントはB君は知り得ないはずでしょう。この状態で再び2人が各々同じ時間に就寝して『向こうの世界』にシフトした場合、(『向こうの世界』でも『一眠り』ルールは生きているようなので)Aさん(8時間就寝)は4日目の朝=80時間目、B君(6時間就寝)のスタート位置は前回の3時間+6時間で9時間目からの再スタートになるんじゃないのか? 逆もまた然り。一応どのぐらいのスパンでシフト現象が起こるかはランダムっぽいので、どこかで辻褄合わせてるのかもしれませんけど。
 とりあえず序盤は『不可解な.hack//』って印象で、さらに中盤は「現実世界に影響あるわけじゃないんだから、欲望の赴くままに奔放になってもいいじゃん」な展開で正直微妙な気がしてたんですけど、終盤第四章の盛り上がりで予想外にいい方向に転んでくれました。来月の2巻も楽しみです。
 旧単行本版の感想を少々各所で拝見してみたところ、なんか結構改稿されているような印象を受けましたが、はて、何が変わったんだろ。機会があったら読み比べてみようか。
Amazon:20080610DG シフトI―世界はクリアを待っている― うえお久光/STS

■一迅社文庫『片手間ヒロイズム』著:小林めぐみ/画:結城心一
片手間ヒロイズム
 富士見ミステリー文庫『食卓にビールを』が全6巻で幕を引いて早数ヶ月。……なんか『食ビー』Amazonマケプレでえっらいプレミア付いとるんですが(-_-;
 ともかく久しぶりの小林さんの新刊だー。わくわくしながら読んでみたら大爆笑。キャラは違えど、まんまSF:すこしふしぎな『食ビー』フォーマットでした。わーいw
Amazon:20080620IJ 片手間ヒロイズム 小林めぐみ/結城心一

2008/06/21 01:58 小説感想 TB(0) CM(0)
【ラノベ感想】
■一迅社文庫 『零と羊使い』 著:西川真音/イラスト:しろ
零と羊飼い
 新創刊一迅社文庫から数冊チョイスの1冊読了。表紙の白の綺麗さに魅かれまして。

 直径120kmの隕石が数週間後には地球に衝突する。人類の科学力では、これだけ巨大な物体を完全に破壊する手段は無い。地球を救えるかもしれない唯一の方法は、自身に加えられる物理的な危害を100%ベクトル反転できる異能者の存在に頼るのみ。地下の隔離空間に集められた異能者は3人。生還不能なシャトルに乗るのはその中から最低1人。「誰が乗るかは、あなたたちが話し合って決めなさい」……。
 こういうの、セカイ系ってゆーんでしょうか。メインの登場人物が10人弱、それ以外の名も無き人物も一ケタ以内と限られている上に、そもそも外界と隔離されているものだから、『外』の人間がどこまで情報公開されてどんなパニックになっているのかさっぱりわからないので、本当に隕石云々の危険があるのかとかその辺の緊張感には若干欠けるかな? 閉所隔離空間で展開される、生きるか死ぬかの精神状態なんですから、別の緊張感はあるんですけど。
 ……とか思ってたんだけど、ラスト1ページで腑に落ちた。なるほど、それで舞台設定が2008年4月末~5月頭だったんですな。

 本作、出自を把握するのが若干面倒w えーっと、工画堂スタジオの方で連載してたビジュアルノベル『羊の箱舟』が製品としてて、今回のこれはそれを一冊の本として再構成しなおした代物と。試しにビジュアルノベルの方パラパラ見てみましたが、基本的に文章に関してはそのまま転載か。どうもオミットされた要素もちらほらある模様。
 製品版『羊の~』の方は触れてもいませんが、たぶんゲームとしての性質上マルチエンディングは存在しているのでしょう。特にゲーム作品のノベライズ(ノベライズでなくてもコミック化、アニメ化)とは、複数あるエンディングのどのルートを取って独立したひとつの作品としてまとめるかが問題になると思いますが、「未来視」(?)という異能を投入して「ありえたかもしれないひとつの可能性として描くという方法もあるんだなーと、ちょっと関心。判り難くはありましたが。ラストキャラがなんか唐突だったし……。あのラストキャラって、最近のゲームでよくある、数回クリアした後に開放される隠しルートに相当するんでしょうか。判り難いといえば、なんかキャラの会話が微妙に繋がっていない印象がちらりほらりと見受けられました。微妙に読みづらいものですね。

 登場人物の過去は、微妙に印象密度に差がありすぎるといいますか、そもそも本来メインなポジションにいるはずのアキラが一番薄くないですか? 他の二人には(歪んでるとはいえ)曲がりなりにも愛を語れるパートナーがいるけど、アキラ一人だけ『愛』とは無縁な方向行ってるしw

Amazon:20080520IJ  零と羊飼い 西川真音/しろ 670yen(in



2008/05/27 09:05 小説感想 TB(0) CM(0)
■別冊図書館戦争I 有川浩/徒花スクモ
別冊図書館戦争I
 やっとで読めたー。
 てっきり前に電撃文庫マガジンのプレ号に載ってた書き下ろし短編/サブキャラメインのスピンオフ作品集かと思ったら、普通に本編IVの後日談、ようやくくっついた笠原と堂上のラブラブ模様でございました、やれやれw
 有川さんの書くこんな感じのラブラブ後日談って以前も「海の底」の後日談として「クジラの彼」があったりしましたが、さらにパワーアップされてる感じ。1冊丸々エピソードは5本分なんだから当然ではありますが。
 各章ごとに「笠原と堂上の恋愛模様」と「図書館で起きるトラブル」の2本柱で構成されていたんですけど、後者の図書館トラブルについては次の章に引っ張ることが無いので、その辺割り切り良すぎて違和感あったかなーとか。本編の方は中盤でサブイベントが挿入されても、全編通してのメインイベントは歴然とあったわけですから、多分それが無いからだと。まぁ前者:「笠原と堂上の恋愛模様」が結局メインイベントなんですけど。その辺いつもに比べて若干違和感w ラストエピソードの架空の作家による良化法対抗の方法には感心し。
 あー、アニメ版溜めっぱなしで全然見てないわ。……あさってまとめて観よ。
Amazon:別冊図書館戦争I

2008/05/23 08:13 小説感想 TB(0) CM(0)
[ラノベ]
■狂乱家族日記 番外そのさん 日日日/x6suke@ファミ通文庫
 狂乱家族を置いといて、新規のサブキャラを視点に展開する外伝3冊目/番外そのさん。2冊目はレギュラーキャラ千花が主役だったので、実質的にはかなりレア。まだ各所で掲載された短編で文庫化してない作品結構ありますが、現時点ではかなりレア。
狂乱家族日記 番外そのさん
 今回は乱崎家の近くの商店街に店を構える殺人中華料理店『謝々飯店』の若き店主・竜骨寺兄妹竜骨寺柊雨、椿姫(9)、近所の韓国料理屋のツンデレ娘・浮月証歩の視点で展開する各一本を含めた全4本。後半2本が書き下ろし。4本目は番外1冊目で登場した某キャラの復活エピソードで、こっちは狂乱家族全員出ずっぱりの、かなり本編に近いスタンスだったんだけど……。とにかく最初の3本が本編含めたシリーズで一番純粋に面白かったかも。狂乱家族はある意味無敵キャラだから、オブザーバー的にサブポジションにいた方がいいんじゃないかと思う次第。
 とりあえず、9歳児に網タイツバニーって(^_^;)萌
Books:狂乱家族日記 番外そのさん
 しかし、表面だけ撫でるようなラノベのアニメ化ってなぁ……。どの道放映圏外。まだ1話しか観れてないけど、ガーゴイルと同パターンになりそうな気がする……。声さえ決まれば原作だけで充分ナリよ。でもまだ違和感のあるキャスティングー。

2008/05/01 08:06 小説感想 TB(0) CM(0)

電撃文庫■水瀬葉月/さそりがため「C3―シーキューブ―III」
C3―シーキューブ―III
 口絵のインパクトもなかなかでしたが、本文読んだらフィアのチャイナ服のデザインがなんだかもの凄いことに。よく考えたなあんなデザイン。肩周りは至って普通(それでも胸中央に大きな抜きアリ)なのに、そこからマトモに繋がる布地は前面のみ、足元に向かって一枚布がストンと落ちるのみ。背面に至っては完全ガラ空きで、腰骨の上辺りの左右各一点のみを接点に吊り下げられる形でお尻側の布地がかかっているだけという、ノーパン前提破廉恥デザイン。いや、構造的に前垂れと後垂れの間で内部でこっそり橋渡ししていれば、擬似的に完全なノーパン状態は回避できるはずですが……。巻末のラフ設定画を見る限り、少なくとも半ケツではある。フィアの髪が長いから隠せているようなもので……。それでも走り回ればしっかり見えるわけで。あのカッコで衆人環視。よく視姦されませんでしたね。いやはや、すげぇ。よく考えたなあんなデザイン。
 あぁ本編。名前だけ出ていた謎の住人、人形原黒絵がようやく登場。自称20歳で見た目的にはフィアを上回るロリキャラ登場/防御・拘束・回復担当。これで一応(物理的な意味での)肉体的には一般人な主人公に無茶させられる名分は整いました。そのカードを早速使って適度に無茶する主人公:夜知春亮。錐霞が無事ならとりあえず自分が見捨てられても別に構わない、など、なかなか肝も据わってきました。根底にあるのはフィアとこのはに対する信頼でしょうけど。
 一方フィアは、かなり不安定でしたねー。疑ってしまって打ちのめされ、忘れたいトラウマ思い出させられて打ちのめされ。一応戦いの最中にしっかり持ち直しましたが、プレート手に入れた件でその辺有耶無耶になってる気も。がんばれ。
 ってか淑乳とかw

Amazon→
20080410DG C3―シーキューブ―III 水瀬葉月/さそりがため 578yen(in

2008/04/15 18:00 小説感想 TB(0) CM(0)
黄昏色の詠使いV 全ての歌を夢見る子供たち 細音啓/竹岡美穂
黄昏色の詠使いV 全ての歌を夢見る子供たち
 3巻以降体調崩しまくっていたヒロインがとうとう昏睡状態。動けるのは片割れの少年のみと。1巻読んだときから「主人公はヒロインのクルーエル」と思っていたので、クルルに元気がない状態が都合3巻も続くとなると、それだけでテンション下がります。
 とりあえず、元気になってくれてよかったよかった。ネイト(13)も年上のお姉さん(16)相手によくがんばりました。拍手。これをもって第一部終了、短編集をはさんで第二部に突入するそうですが、今回のあとがきの時点で最終話の構想について語ってらっしゃるので、第二部は結構早めに締めることになるんじゃないかと戦々恐々。このままだと本来の元気なクルーエルが全編通してかなりレアな割合になっちゃいますよ?
 とゆーか、この作品、バトル的な展開ってそんなに要らないと思うんですよね……。なんか1巻読んだときの透明感がだんだん濁って何色だか判らなくなっていってるような違和感が3巻以降ずっとありました。たまに障害として何かが立ちふさがって戦闘に移行するならともかく、クルルが体調追い詰められて毎巻バトルだもんなぁ。ドラマガなんかに掲載されていた短編:平和な日常学園生活(次巻に収録)の方が新緑の透明感や瑞々しさがあって好きですよ。そういうの読みたい。マリみてみたいなのでもいいじゃない。
 むしろ、真精たちも戦闘に利用されるばかりじゃあまりに不憫。「守りたいもののためにこそ、真精は召喚できる」という設定から戦闘前提なんじゃないかという印象ばかりが際立っているので、できれば戦闘以外の用途で「守るべきもののために」呼び出されてほしいものなのです。だって、何か真精クラスを呼び出す必要のある規模の事件と、それにネイトが巻き込まれなければならないみたいな条件揃えでもしないと、カインツと旧イブマリーはまず逢うことも叶わないってのは……まぁカインツだったらその内独力で夜色も取得してもおかしくないか(-_-;)。守りたいもの:イブマリー⇒夜色真精(本人)召喚で「君を守りたい」みたいな。あー、とりあえず今回のカインツの登場シーン/タイミングは出来スギですw
 第二部はもっと明るくなるといいなぁ。
 ところでアマリリスは実体化しませんか。せっかく見た目ロリクルルなんだか(ry
Amazon:黄昏色の詠使い5 全ての歌を夢見る子供たち 細音 啓/竹岡美穂 609yen(in

2008/03/18 18:31 小説感想 TB(0) CM(0)
水瀬葉月『C3-シーキューブ-』
C3-シーキューブ-
感想:アポカプリスの水瀬さんの新作じゃないかと気が付いたのは、発売から3ヶ月後、2巻が出た時。あわててAmazonで買おうと思ったら、なぜか数千円の高値が付いておりました。そこまで人気かと、近所の書店に一冊残っていたのを回収してみたら、なぜか既に3刷目。重版してないからあんなに高騰してるのかと思ってたんですけど、うーむ、未だに謎だわー。
 簡単に感想をば。ミステリー的要素もあるのですが、与えられたヒントから裏で暗躍している『犯人』を特定するのは非常に至難の技。むしろズルいよw
Amazon:C3-シーキューブ-

水瀬葉月『C3-シーキューブ-II』

C3-シーキューブ-II
感想:ひんぬー担当フィアに、きょぬー担当このは。両極端なヒロイン二人(もう一人いるけど)に新戦力としてびにゅーを投入。でもまぁフィアが一番です。
 ミステリー要素としては、イラスト面からも引っ掛けるミスリードがお見事。
Amazon:C3-シーキューブ-II

有川 浩『阪急電車』
『阪急電車』
感想:有川さんもすっかり一般文芸ですねー。まぁ桜庭さんと違って明確にラノベとして出したのは電撃文庫の塩の街だけですけど。それでも若干さびしい感じ。図書館戦争、電撃文庫に降りてこないかなぁ。
 さて、今回はSF的な要素も軍事的要素もほとんどない(微妙にある)、大阪阪急電車(全然知らない)内での連作エピソード。登場人物は入れ替わり立ち代り。世の大人(子供も)の、つまり人間の醜さを戒める感じです。なんかあったんでしょうか。まぁ人口密集地帯の電車内、何もない方がおかしいか。有川さんの作品の中で一番好きかも。エピソードでは往路の『門戸厄神駅』が一番好きかな。
Amazon:阪急電車

峰守ひろかず『ほうかご百物語』
第14回電撃小説大賞・大賞受賞作
ほうかご百物語
感想:見るからにライトの中でもライトな作品で、最近の好みからは外れるかなと思っていたのですが、そこは電撃で大賞取った作品。抜かりなかったです。短編累積全6話構成。
 いたちさん(表紙の娘)の現出を切欠に、魑魅魍魎の宝庫となってしまった学校を舞台に、美術部員が妖怪マニアのロリ先輩の強引なリーダーシップの下、妖怪退治に東奔西走する物語です。
 主要な登場人物は、美術部員3+1名に、生徒会役員が2名。あと教師が1名。特に生徒会側の面子が若干少ない気がしましたが……。増えたりするのかしら。
Amazon:ほうかご百物語

水鏡希人『君のための物語』
第14回電撃小説大賞・金賞受賞作
君のための物語
感想:これ、結末は応募作から大幅に改稿したんじゃないだろーか。セリュサの世界、読んでみたいです。ぜひスピンオフを。
Amazon:君のための物語

2008/02/22 09:53 小説感想 TB(0) CM(0)
バナー
バナー作ってみました。
cnBanner01.jpg
cnILLUSTRATIONs
cn20070220.jpg iconGA001.jpg iconGA002.jpg iconGA003.jpg iconGA004.jpg iconGA005.jpg iconGA006.jpg iconGA007.jpg iconGA009.jpg iconGA010.jpg
[Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~(杉本功描き下ろし絵柄スチールブックケース付)
[BD]BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~
[BD] BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~

(2013年09月25日発売 ¥6,825)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
 祝4期!!
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box

(2012年07月25日発売 ¥25,200)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box

(2012年08月22日発売 ¥27,300)

シロガネオトメ
利用満足度で選ばれてます。「ESET Smart Security V4.0」
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。