プロフィール

光機

  • Author:光機
  • 塗装までなかなか行き着きませんが、ガンプラ改修どんとこい
Twitter
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
公式リンク
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
今回の感想:[タイドライン・ブルー]#04~#12
―――――――
 [タイドライン・ブルー]を一気にまとめて観る。第6話以降いきなり表情が豊かになったジョゼ:氷上恭子のおかげでかなりおもしろくなりました。というか6話があまりにも秀逸。
20050810■タイドライン・ブルー Vol.04 Share 役割り
 第4話 脚本:山田由香 絵コンテ:富沢信雄 演出:小田原男 作画監督:山縣亜紀
20050817■タイドライン・ブルー Vol.05 Attack 攻撃
 第5話 脚本:笹野 恵 絵コンテ:矢野雄一郎 演出:辻 泰永 作画監督:馬場 健
 4話~5話で感心したのはグールド艦長の器の大きさ。叱るべきところはきちんと叱って、尚且つ自分で気付かせる。その上で当人が反省すれば笑って許す。先達者としてこの器の大きさは素晴らしいの一言ですよ。これならキールも成長するって。[エウレカセブン]のデフレスパイラルぶりと違って見ててものすごく気持ちいいもの。
20050824■タイドライン・ブルー Vol.06 K2 K2
 第6話 脚本:山田由香 絵コンテ:飯田馬之介 演出:小山田桂子 作画監督:末永宏一
 アオイ国連事務総長から衛星フリーダムの健在と自分の父の生存を示唆された時のティーンの表情の変化がまず素晴らしい。セリフではなく表情だけでキャラの心情/思考/葛藤が克明に読み取れるのに感動。
 副長ジョゼのキャラの変化にも。キールの存在に慣れてきたのか、扱いに慣れてきたのかw、表情がものすごく豊かになりました。好感度急上昇。
 そしてなにより、海戦シーン。魚雷やミサイルの航跡と、必要最低限のセリフだけでお互いの戦術が手に取るように解るんですよ。
 それにしてもK2が水没してるってのは一体どのぐらい水位が上がったのかと。日本が霞ヶ浦が残るぐらいの海面上昇だったから、そんなに上がったわけではないだろうと思っていたんですけど……地域によって海面上昇率が違うにしても限度があるんじゃないでしょーか。そこでやっぱり気になったのは軌道上から見た「ハンマー・オブ・エデン」のビジュアル。あんな光景はさすがに想像していませんでした。参った。一体どんな現象ですか。
20050831■タイドライン・ブルー Vol.07 Praying 祈りの都市[まち]
 第7話 脚本:山田由香 絵コンテ:矢野雄一郎 演出:富沢信雄 作画監督:宮本佐和子
 ブランタイル、なんでこんなところに。「復興作業に当たる人員を迎えに来たのだ」あぁなるほど。
 礼拝の時間に一気に視界が開けて遭遇するあたりは感心しきり。
20050907■タイドライン・ブルー Vol.08 Reunite 再会
 第8話 脚本:山田由香 絵コンテ:眉月 裕 演出:小田原男 作画監督:山縣亜紀
 前半、時間設定間違えてて録れてませんでしたorz。前回のラストの後どうなったのか気になって気になって。オレの迂闊者がー。
20050914■タイドライン・ブルー Vol.09 the Globe 新しい地図
 第9話 脚本:山田由香 絵コンテ:眉月 裕 演出:小山田桂子 作画監督:滝口禎一
 脚本同じ山田由香さんなのに、[涼風]とは面白さが全然違いますね。ふっしぎー。
 斉藤恒芳さんもいい曲書くなぁ。[ファフナー]の曲はあまり琴線に触れなかったのですが。これならサントラ買ってもいいかも。
20051026out LACA-5444 タイドライン・ブルー オリジナルサウンドトラック  3000yen(in
20050921■タイドライン・ブルー Vol.10 Separation 別れ
 第10話 脚本:笹野 恵 絵コンテ:友永和秀 演出:辻 泰永 作画監督:末永宏一
 「一切物音を立てるな」って、喋ってる喋ってる。話し声ならカウンターで消せると言うわけでもあるまいに。個人のモニター宛てに指令出すとか出来なかったのかしら。
 改めてイスラに会ってから、ティーンも年相応にいい表情するようになったなぁ。イスラのカン違いと、それを言い出せないキールに向けた「しょうがないなぁ」という感じの笑顔が。
20050928■タイドライン・ブルー Vol.11 Battle of Metasequoia メタセコイア海戦
 第11話 脚本:山田由香 絵コンテ:矢野雄一郎 演出:小山田桂子 作画監督:中路景子
 「別れ」って今回のサブタイトルの方が合ってるんじゃないのか。
20050928■タイドライン・ブルー Vol.12 Blue ブルー
 第12話 脚本:山田由香 絵コンテ:飯田馬之介 演出:小山田桂子 作画監督:宮本佐和子
 最終回。…最終回…だよねぇ。グールドの真意については海の底。肝心の「ハンマー・オブ・エデン」の現象内容と原因結果については触れずじまい?
 EDのフィルム、未放映のカットが大量に挿入されていましたし、DVDの収録話数と巻数見る限り確実に後一話残っている模様ですが。やっぱりかw
―――――――

スポンサーサイト
2005/09/29 10:40 アニメ感想 TB(4) CM(0)
今回の感想:[攻殻2nd]#26、[かみちゅ!]#12@15、[遊戯王DMGX]#52、[極上]#26
―――――――
20050927■攻殻機動隊 S.A.C 2nd.GIG #26 憂国への帰還 ENDLESS∞GIG
 脚本:神山健治 絵コンテ:神山健治 演出:吉原正行 作画監督:西尾鉄也、後藤隆幸
 タチコマ……(涙)「難民の記憶をネットに上げたところで、ホントにゴーストが保持されていると思う?」「記憶は生命活動において重要な要素ではあるけど、ゴーストがなければただのデータだからね」ゴーストがなければ記憶はただのデータ。肉体のクローニングと記憶の移植による復活と言うのは90年代のSFで結構見かけますが、ゴースト論の方がオレは好きだ。
 ふむ、結局[2nd.GIG]地上波で放映しなかったのは「#02 飽食の僕 NIGHT CRUISE」だけですか。見逃したのかと思ったけど、放映1話のED兼次回予告はちゃんと#03のだったし。なんで放映しなかったんだろう。
―――――――
20050927■かみちゅ! 第12回/第15話「ちいさな一歩で」
 脚本:倉田英之 絵コンテ:舛成孝二 演出:舛成孝二 作画監督:千葉崇洋 作監協力:櫻井親良、金子ひらく、薮野浩二、長町英樹
 いままでみんなを不思議な力で助けてきた子が、助けてきたみんなに応援されて、助けられて。[どれみ]の最終回もこんな感じでしたよね。こーゆーの大好き。
 『恋』が『変』に変わるあたりは、いい感じに台無しですw
 いい最終回じゃないですか。まだこの後に1話控えていますけど。
 もーDVD全部買いますよー。舛成監督×黒田倉田のオルフェ脚本作品大好き。
―――――――
20050928■遊戯王デュエルモンスターズGX #52 VSカイザー(後編)ファイナル・フュージョン 
 あんまり詳しくはないけど、最強クラスのモンスターでも攻撃力4000程度ですよね。普段攻撃力4000前後で勝敗付いていたから、五桁突入攻撃力12000でも瞠目してたのに、戦略立てると倍々プラスで最終的にそこまで上がるか攻撃力36900……(汗)
―――――――
20050928■極上生徒会 第26話「今日も極上日和」
 脚本:黒田洋介 絵コンテ:岩崎良明 演出:岩崎良明 作画監督:川田 剛、下谷智之
 蘭堂哲也だぁっ!? しかも旦那じゃなくて息子かよっ! いやまぁ「血を引いている」以上旦那の訳ないかw
 神宮司 奏、桂 聖奈、シンディ真鍋は無事卒業。でも全員居残りw。 あれ、角元れいんと飛田小百合、矩継琴葉の制服が変わってる。そういえばなんで宮神学園の制服って2種類あるんだろう(ものすごい今更)。あ、3年だけブレザー? でも金城奈々穂、銀河久遠、市川まゆらは前年からそのままだし……2年は好きな方選べるだけかなぁ。
―――――――
2005/09/29 10:30 アニメ感想 TB(3) CM(0)
今回の感想:[ガンソード]#13、[エレメンタルジェレイド]#26、[ミルモでポン!]#22、[MONSTER]#74
―――――――
20050926■ガン×ソード ep.13 夢の途中
 コンテ:須永 司 演出:久城りおん 演出助手:三宅和男 キャラ作監:木村貴宏 メカ作監:まさひろ山根
 そういえばディアブロ見てて思ったのですが、オリジナルセブンのヨロイってシルエットを派手に見せている外装取っ払ってしまえば、素体はほとんど人間と同じ形状になるんじゃないでしょうか。なりますよね。変形するんで気が付きませんでしたけど。…機動音は伝統のガンダムSEですねw
 メリッサかわいいなー。
 あ、「夜明けのヴァン」に戻りましたね。
―――――――
20050927■エレメンタルジェレイド 第26唱 天空と未来の謳[そらとあしたのうた]
 脚本:荒川稔久 絵コンテ:うえだしげる 演出:うえだしげる 作画監督:前田明寿
 リアクトされてかなりアクティブになった戦闘モードレンや、告白されて以降ステキな笑顔を魅せてくれるようになったレン、エピローグでの新コスレンなど、今までのレンのイメージを最後の最後で(いい意味で)覆してくれました。惜しいなぁ…このレンでもっと見たかったですよ。新コスもすぐにクーに抱きかかえられちゃったおかげで正面から見ること叶いませんでしたし。くそー。
―――――――
20050927■わがまま☆フェアリー ミルモでポン! ちゃあみんぐ #22「みんないっしょにミルモでポン!」
 脚本:土屋理敬 絵コンテ:渡辺健一郎 演出:渡辺健一郎 作画監督:小沼克介、安形佳己
 最終回かー。3年半ぐらいやってたんだっけ。初期は直前まで放映していた[だぁ!だぁ!だぁ!]の音地正行さんがキャラデしてるというのでとりあえずチェック。でもいつの間にか見なくなってました。そういえば前シリーズからメインキャラクターデザイナーが音地正行さんから小沼克介さんに変わったんですよね。なんでだろ。
 さて最終回。いいラストイベントじゃないですか。魔法が一切発動しなかったのもポイントかな。一瞬妖精の存在を忘れた楓の表現が胸に染み入りますよ。ラストの夢オチ掠めも○。ここは写真立てが置いてあるからこそですね。ってか写真に妖精写るのかと。
 ……ところで結木の声全然違う気がしたんですけど、前から浪川さんでしたっけ?違いましたよねぇ。…あ、以前は徳本恭敏さんでしたか。…誰? あと麻績村さんはいつからひらがな表記に……
 ちなみに日高安純が一番好きだw
―――――――
20050927■MONSTER FINAL CHAPTER 本当の怪物
 最後に爆弾を残して幕。よく一年半の長丁場、一切気を抜くことなく続いたなと。原作も最後まで読んでみようかな。
―――――――
2005/09/29 10:27 アニメ感想 TB(1) CM(0)
今回の感想:[創聖のアクエリオン]最終回
―――――――
20050926■創聖のアクエリオン 最終回-世界のはじまりの日-
 脚本:大野木 寛、河森正治 絵コンテ:河森正治 演出:菊池康仁 作画監督:藤川 太、入江 篤
 どっこい、シリウス生きてたよ。「味な真似を…」強制分離で拘束を脱して、ベクターマーズも分離/創聖合体!いいねぇいいねぇ。ってピエールは?w
 「アポロ、受け取れ!私の剣の力を!」「…ありがてぇっ!」太陽剣、現出。超合金には付いているものの、剣を扱う機体がシリウスヘッドのマーズしかなかったから、結局最後まで出てこないと思ってたんですけど。意外な出し方してくれましたなー。でも結局ルナ用の剣は出てきませんでした。残念。
 鍔迫り合いの瞬間に宇宙が見える演出にはなんか感動。
 頭翅による強制テレポートチェンジ! っつーコトはなんだ、テレポートチェンジは人類独自の技術として完成されたものじゃないってコトか? でも服はそのままだよなぁ。微妙に違う技術なのかな?
 「一万二千年の恨み、思い知れぇっ!」音翅がはじめて「口を開けて」喋りましたね。堕天翅が「口を開けて喋る」ことの意義についてはドラゴンマガジン連載の「天翅編」に詳しいです。
 ベクター全機がヘッドに変形っ!! うぉぉ、燃える。ギミック的に可能な可変パターンの有効活用こそ[アクエリオン]の醍醐味よっ!!今回無限拳のギミック駆使しまくりでしたし。
 それにしてもモニター画面凝ってるよなぁ。

 「見ちゃいらんないわね」どっせい最後の最後でリィナきたーっ!! 全編通してこの娘が一番合体時エロスw ……リーナがテレポートチェンジしたのってグレン機じゃないよなぁ。あのパイロットスーツ何処から調達したんだろう。 
 射撃兵装中心の軍用量産型でも、ディーヴァのパイロットは搭載武装全然使いませんねぇ。しかもピエールのファイヤーキックも使えてるし。単純にパイロットのエレメント特性に拠るものなのでしょうか。もしかしてアポロが乗ったら無限拳も使えちゃったりする?
 「チェンジ・ウォーカーッ!!」っ!! ガウォーク!!!! さすが軍用機! うわぁ、なんかもう大興奮ですよ。あのグラウンドエフェクトによる地を滑るような機動はまさしくガウォーク!
※GERWALK:Ground Effective Reinforcement of Winged Armament with Locomotive Knee-joint System:可変膝関節による有翼高機動地表効果支援火器システム
 もうバリエーションでこっちの超合金出してくださいよー。物欲的にはオリジナルアクエリオンを遥かに上回ります。このガウォーク1カットだけでおなかいっぱい大満足w
 アクエリオンα、脚部破損。この辺はさすが軍用量産機。オリジナル一機しかないアクエリオンではパーツの破損自体タブーでしたからねぇ。
 「不幸断絶拳/I'm HAPPY NOW!!」手刀を打ち下ろしたアクエリオンαのシルエットのなんと美しい事よ。というか、量産型のカラーリングって[アーマード・コア]っぽい。やったことないけど。コトブキヤから11月に出るヴァリアブルインフィニティシリーズのミラージュ C01-GAEAのプラキットは欲しいなぁ。
 
 ラストの挿入歌「Genesis of Aquarion」by AKINO featuring bless4!! もうサントラ買ってからこっちエンドレスで散々聞いてますよw 残念ながら数行カットされちゃってましたけど、「Eight thousand years from the time that I've met you my love grows strong than ever before~」と続きます。「八千年過ぎた頃から~」と。必聴。

 そしてアポロ・シリウス・頭翅の創聖合体アクエリオン! ここからエンディングまでの曲は「First love Final love~リーナのタンポポ(-Vocal Track)」 フルサイズで聴きたい人はサントラ買うべし。なんとなくクリスマスに使えそうかな。
 「無限合體拳/LOVEvFUSION」敵もいない現状なにするのかと思いきや、なんて強引な。昔どこかの勇者ロボが似たような事してたような……ダ・ガーンだっけ?
 ……あれ、終わっちゃった。エピローグも無し? グレンは? ピエールとクロエは? うーみゅ、量産機にとにかく燃えたし、ストーリーとしても全然大満足なんだけど、なんだか不完全燃焼…。
―――――――

2005/09/27 03:51 アニメ感想 TB(12) CM(2)
委員長(LOVE)役の手塚まきさんって生田目仁美さんだったのか……全然知らなかったわ……
プリンセスうぃっちぃず通常版
20050527out プリンセスうぃっちぃず(通常版)(Amazon)
―――――――
すごラジで大原さんと広橋さんが「ツンデレ覚えたー」とか言ってて大爆笑。えー、最前線業界人でもそんなに浸透してなかったんですかー?…というか単純にネットにあまり触れてないだけっぽいですが。
「ツンデレ」と「ツンドラ」が似てるとか言う話もされてたけど、「ツンドラ」って言ったらこれでしょ。
わたしたちの田村くん(1)わたしたちの田村くん(2)
電撃文庫「わたしたちの田村くん」by 竹宮ゆゆこ/ヤス(Amazon)
ツンデレ最高。相馬広香最高。
―――――――

2005/09/26 17:12 雑記1 TB(1) CM(0)
今回の換装:[ぱにぽにだっしゅ!]#13
―――――――
20050925■ぱにぽにだっしゅ! 第十三話「悪の報いは針の尖」
 脚本:金巻兼一 絵コンテ:森山ゆうじ 演出:森山雄治 作画監督:もりやまゆうじ
 今回一番のビックリ事項:もりやまゆうじさんの漢字表記が判明。
 
 アバンからサブタイトル表示とは。ってかアバン短っ!って、今回も「黄色いバカンス」ですかー?
 「番長連合」って……これはED後のネタ(Cパート)ではないのか。というか先週のCパートと同じネタだったのか…。
 「というわけで、今日はこないだの学力テストの下から数えた方が早い者達に集まってもらったわけだが……玲、都、六号、一条。お前らはなんでココにいるんだ?」楽しい補習。まぁ他にもこの場には似つかわしくない生徒がいますが。優麻とかな。取り敢えずいつものモブキャラは皆無で全員名前のあるキャラで教室が占められた事について拍手を送ろう。
 「石破!ラウラウ天驚以下略」とはまた微妙なハズシ方w むー、このまま補習進めてくれればいいのに、番長連合襲撃ってなんでまたED後のネタのノリで進めるんだろう。
 あ。宇宙人が現状投げたw その手があったかと右に習わせていただきますw
 
 えーっと!アイキャッチのベッキー2連がとてつもなくエロくてな!!本気でどうしようかと!!! どこかキレイにキャプってくれてるところないかなーw

 エンディングテーマ#13:「遥かな夢」レベッカ宮本
 挿入歌#13:「ぱにぽにX!」レベッカ宮本

 え?あれ?マジ?ちーちゃん歌ってくれるんだったらキャラソンアルバム買っちゃいますよ?
 歌詞が完全に「ベッキーの歌」ってのがどうにも引っかかりますけど……。基本的にキャラソンってあまり好きじゃないのじゃよ。[ケロロ軍曹]の方で伍長と歌ってるのは知ってますけど余り琴線に触れないし……[極上]の「恋する奇跡」みたいな曲だったら大歓迎なんだけどなー。というか松浦由希さんと斎藤千和ちゃんで組んでくれたら嬉しいんだけど。
20051026out KICA-716 ぱにぽにだっしゅ! ヴォーカルアルバム  2500yen(in

 あ、ガイキング。そういえば11月からリニューアル版ガイキングってのやるんですよね。あ。パイロットフィルムのカット結構かっこいいじゃないですか。チェックチェック。

 翌日。……ヤバい、なんかこっちのくるみ(偽)に妙に慣れてきた自分がいる……いや、やっぱり「桃瀬くるみ」として見るにはどうにも抵抗あるんだけどさ。だってなんか全然「違う」じゃん……
 
 「というわけで、今日はこないだの学力テストの下から数えた方が早い者達に集まってもらったわけだが……玲、都、六号、一条。お前らはなんでココにいるんだ?」
 あーあーはいはい、そういうことですかっ!今回本編とED後の一発ネタ、位置が逆ってコトですか。難易度高いっスねー。

 今回のエンドカード:古賀亮一さん。
 あれ?古賀さんってこんな絵だったっけ?
―――――――


2005/09/26 02:55 アニメ感想 TB(22) CM(0)
まとめて感想:[ギャラリーフェイク]#37、[ふたご姫]#25、#26、[ツバサ]#22、#23、[ロックマンエグゼStream]#51
―――――――
20050924■ギャラリーフェイク 第37話 メトロポリタンの一夜
※原作読んでないです。
 ビックリ。主要キャラはおろか、ヒロインですら全く出てこない最終回とは……。
 まぁぶっちゃけ言えば「何の盛り上がりもなく」ってことになりますがw
 いえ、ものすごく「らしい」です。安易にキャラクターに走ることなく、本当に語りたい事を忘れないこの潔さはむしろ好感度高いです。素晴らしい。
―――――――
20050917■ふしぎ星の☆ふたご姫 第25話 いなごでびっくり☆プリンセスパーティ
 脚本:吉村清子 絵コンテ:奥野耕太 演出:奥野耕太 作画監督:相澤昌弘
 うっわー、ミルキー&シェイドものすごくいい兄妹ですな。言葉も喋れぬあの幼さで兄をしっかり理解して、尚且つ機転を利かせてサポートできると。全く持って将来が楽しみな逸材です。シェイドもシェイドでそんなミルキーを信頼していると。というかファインもそうだが何故ミルキーと会話が成立するのだ。ファインは類友?
 ブライトはテンパってますねぇ。負け組み脱出の天然毒舌娘ソフィも結構いいキャラw
 今回妙に作画の雰囲気が濃い(いい意味で)と思ったら、作監相澤昌弘さんでした。
―――――――
20050924■ふしぎ星の☆ふたご姫 第26話 大変大変☆プロミネンスできな~い
 脚本:福嶋幸典 絵コンテ:玉川達文 演出:玉川達文 作画監督:石橋有希子、野口孝行 レイアウト作監:玉川達文、西位輝実、清水貴子、河野 稔、夕澄慶英
 プロミネンス使ってるわけでもないのにここまで入り込めるなんて、ザルなセキュリティだな月の城w
 今回気になったのは大臣手下2人の移動速度なんですけど。
 シェイドかっこよスギ。テンパりスギて足を引っ張る結果になってしまったブライトの次回の行動が楽しみです。
―――――――
20050917■ツバサ・クロニクル 第22話 消せないキオク
 脚本:川崎ヒロユキ 絵コンテ:澤井幸次 演出:黒川智之 作画監督:窪 敏
 わかっちゃいたけどすももも琴子もでかっ!ってか清水愛さんかよっ!
―――――――
20050924■ツバサ・クロニクル 第23話 消えゆくイノチ
 脚本:川崎ヒロユキ 絵コンテ:守岡 博 演出:守岡 博 作画監督:竹上貴雄
 プラグアウト。表に出たところで終わると思ったんだけど、予想よりちょっと手前で終わりました。この後どうなるんだっけ。原作読んだ記憶がない……ってかなんで浪川さんが予告を…
―――――――
20050924■ロックマンエグゼStream 第51話「新たなる未来へ」
 脚本:荒木憲一 絵コンテ:太田雅彦 演出:長澤 剛 作画監督:石原 満
 いいないいないいな!思い起こすは3年前。[無印]最終回で一時だけ実体化したロックマンにはかなり燃えました。「データの実体化」って大好きなんですよ。「実体のデータ化」より遥かに好きw。
 [Stream]では「クロスフュージョン」と、それとセットで運用される「ディメンショナルエリア」いう特殊空間を使って、ネットナビと人間の融合による「データの実体化」をずっと描いてきたわけです。
 アステロイドが「ディメンショナルチップ」一つで特殊空間の制約無しに実体化できるのに対して、熱斗側が「ディメンショナルエリア無しにはクロスフュージョン=データの実体化は不可能」というハンデを負わされていたのは全てこの最終回のため。だと思う!
 ネットナビが実体化して、オペレーターを直に触れて抱き起こすシーンは感動モノですよ。
 ところでメイルちゃんとロールちゃんが分離したのにラッシュがいないのは何故だ。
 [ロックマンエグゼ]って、4クールという長丁場の期間中にコンセプトが異なる原作ゲームが何本か出るから、前期と後期では主となるシステムがガラッと変わるんですよねー。前半ってソウルユニゾンとかやってなかったっけ。後半は全然出なくなっちゃったけど。次回からは「獣化:ビーストアウト」かな。クロスフュージョンは残して欲しいですけど……あ、残るみたいですね。よかったよかった。次の敵は「ゾアノロイド」か。「ダークロイド」「アステロイド」「ゾアノロイド」と。
 今シリーズ新キャララッシュでめっきり出番の減ったやいとちゃん(というか金丸芳野日向子さん)、次シリーズでは出番持ち直すといいなぁ。できれば新コスで。熱斗はじめキャラ全員第1シリーズから着たきり雀だし。って、メインの3人はやっぱり着たきり雀のままか…。[ロックマンゼロ]アニメ化してくれないかなぁ。
 ところで前作[AXESS]からのED「光届く場所」のCD化はまだなんでしょうか。サントラも欲しいんだけど…
―――――――



2005/09/25 02:45 アニメ感想 TB(8) CM(0)
20050924■機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-49「レイ」
 脚本:吉野弘幸、両澤千晶 絵コンテ:鳥羽 聡、西澤 晋、福田己津央 演出:鳥羽 聡 キャラクター作画監督:米山浩平 メカニック作画監督:池田 有
 さて、最終戦開始。
 エターナルの艦載MSは6機。ZGMF-X19A インフィニットジャスティス、ZGMF-X20A ストライクフリーダム、ZGMF-X88S ガイアにZGMF-XX09T ドムトルーパーが3機。AAには残りのORB-01 アカツキ。さすがに宇宙空間でMVF-M11C ムラサメは使うまい。
 ミネルバからは新型エンジン搭載により稼働時間に余裕のあるZGMF-X42S デスティニー及びZGMF-X666S レジェンドが先行して出撃。ルナマリアはパイロットスーツも着ずに待機中。ふむ、シンとレイは哨戒任務かな。
 「足の速い2隻が先行して中継ステーションを落とし、オーブ旗下の主力がレクイエム本体を破壊、か。近くにはZAFT月軌道艦隊も居るってのに」ミネルバが配属されているのは月機動艦隊ですから、このままだとAA組と戦闘になる可能性はないですね。
 そもそもレクイエム本体が月面裏側に設置されている以上、軌道変更用のゲシュマイディッヒ・パンツァーさえ破壊してしまえば、直接狙えるのは月面裏側のL-2エリアだけなんじゃよね。中継ステーションは全部L-2に設置されているんですけど(ガンダムエース2005.10参照)。少なくとも中継ステーションさえ落としてしまえば当面地球圏が狙われることはなくなるはず。……まぁ残り2話しかありませんし、そんなダラダラやってる余裕もないか。
 「議長、アークエンジェルとエターナルがステーション1に接近中」「ダイダロスにもオーブ艦隊を中心としたナスカ・ローラシア級、ならびに地球軍艦隊が」……なんだって?ナスカ・ローラシア級?ZAFT艦もオーブ艦隊に参入してるの?いつの間に……
 「わかっている。ミネルバとゴンドワナ、月艦隊の半数をステーション1へ回せ。残りはダイダロスのローランドの元に」おぉ、オーブの大艦隊が喉元ダイダロスに進行している現状で、AA&エターナルたった2隻のために主力部隊を含む半数を差し向けますか。すごい大盤振る舞いですね…。なんにせよ、この議長の一言でAA周辺にミネルバ組やジュール隊が集結する事に。
 「ステーション2はどうなっているか」「接近する艦影有り。数2……?心当たりが…ないけど…
 あれ?哨戒任務だと思ってたX42SとX666Sは機動要塞メサイア入り?
 
 「司令部より入電です。現在ステーション1にて守備隊とアークエンジェル、エターナルが交戦中。月軌道艦隊、並びにミネルバはこれの支援に向かわれたし」X42SとX666Sどうするんだろ。戦力補充されてなければ搭載機ルナのX56Sだけだし。
 「あいつら~っ!」「でも連絡ないのは当たり前だぜ?俺たちはZAFT軍なんだからな、やっぱり」「判っている!ともかく発進だ!とっとと船を出せ!」大爆笑。
 アスランの戦い方は相変わらずというか、MS相手にはキラに倣って出来るだけコクピットは避けている様子なのに、戦艦相手では豪快に艦橋横薙ぎにぶった切るという。キラもキラで、戦艦相手には容赦ないよね。宇宙空間で帰投する先失ったら、破損したMSのパイロットに生き残る術はほとんどないだろうに。結局目先のことしか考えてないんだよな。
 ZGMF-601R ゲイツR、未だに現役。悲観するほど性能悪い機体じゃないんだけどなぁ。
 ZGMF-1017 ジン、未だに現役。えぇぇぇぇっ!?ノーマル機まだこんなに残ってたの?てっきりMS削減条約の折に真っ先に片付けられていったと思ってたのに……。
 「デスティニープランは絶対に実行されなければなりません」レイがここまで支持するのは単純にギルに忠誠を誓っているだけじゃなくて、自分が持って生まれてしまったハンデに対する憤りなんかもあるんだろうけど。
 パッと見、月面から回されてきた艦隊総数:約37隻。たった2隻の戦艦にずいぶんとまぁ。X20AとX19Aはともかく、この戦力でたかだか戦艦2隻墜とせないようでは話になりません。

 「キラ・ヤマトという、夢のたった一人を作る資金のために、俺たちは作られた」……あぁそういうこと。要するにアル・ダ・フラガから大量の研究資金を得るためってことか。でもちょっと待てコラ。
 引っかかるのは幼年期、5~6歳ぐらいに見えるレイを連れ出した、おそらくクルーゼがZAFTの軍服を着ていたことと、クルーゼが白服着ていたときにそばに居たレイがどう甘く見積もっても10歳程度にしか見えなかった事。ZAFTが軍事組織として確立したのはC.E.68年で、ネビュラ勲章を受章したときに白服になったものと考えても、あれって会戦後のC.E.70年2月ですよ?たった3~4年前です。どう考えてもレイは寿命が短い/老化が早い以前に「成長が異常に速い」としか思えないんだよなぁ。
 上記の仮定から改めて逆算します。レイが生まれたのって早くてもC.E.65年ぐらいじゃないんだろうか。その頃キラは11~12歳。いや、どう考えてもキラのためじゃないだろう。クルーゼが自分のために、アル・ダ・フラガの遺伝子ストックから作ったんじゃないの?
 「もう一人のオレは、このさだめを守り、全てを壊そうと戦って死んだ」まぁ別にクルーゼのクローンでもアル・ダ・フラガのクローンでもどっちでも同じなんですけど。コピーをコピーすれば劣化するから多分アル・ダ・フラガでしょ。
 まぁこの仮説も、「ZAFTの軍服はZAFTの成立以前から存在していた」と言われればそこで潰えるんですけど。
―――――――
推測込みで「L4コロニー・メンデル」関係年表化してみます。
 C.E.43.11 ムウ・ラ・フラガ誕生
 C.E.46.-- ラウ・ル・クルーゼ(ラウ・ラ・フラガ):アル・ダ・フラガのクローン体。遺伝子的にはナチュラル。享年25歳。
 C.E.--.-- 叢雲 劾:地球連合の戦闘用コーディネイターとしてメンデルで誕生。
 C.E.5-.-- ソキウス計画始動:服従遺伝子を操作した連合製コーディネイターの開発。
 C.E.--.-- カナード・パルス:スーパーコーディネイターの実験体。破棄されるはずだったが連合に改修され実験体となる。
 C.E.55.05 キラ・ヤマト(キラ・ヒビキ):スーパーコーディネイター完全体。
 C.E.55.05 カガリ・ユラ・アスハ(カガリ・ヒビキ):遺伝子的にはナチュラル。
 C.E.55.-- GRAM R&D社が襲撃される。
 C.E.?.? レイ・ザ・バレル:アル・ダ・フラガ、もしくはラウ・ル・クルーゼのクローン体。
 C.E.--.-- プレア・レヴェリー:クルーゼかムウ、あるいは他のドラグーン操作可能な人間の連合製クローン体。
 C.E.68.-- 軍事的組織「ZAFT」が成立。
 C.E.68.-- メンデルにてバイオハザード発生。コロニーは放棄され、GRAM R&D社は倒産。
 C.E.70.02 血のバレンタインを機に開戦
 C.E.71.09 第2次ヤキン・ドゥーエ戦で停戦
 C.E.73.10 アーモリーワン襲撃、3G強奪事件
多分こんな感じだと思うんだけどなぁ。
―――――――
 CM明け。
 そういえばSEEDの艦船乗組員って宇宙空間での戦闘中でもノーマルスーツとか一切着ませんよね。ものすごい今更ですけど。[星界]の軍衣みたいに与圧兜付ければそのまま与圧服になるわけでもないのに。
 さて、ようやくORB-01 アカツキ/アニキ機発進。続いてMVF-M11C ムラサメ発進。……ちょっと待てコラ。確かにSEEDのMSってディンとかザウートとか局地戦用の機体以外はほとんどが陸上だろうが宇宙だろうが普通に使えるものばかりだけどさ。バクゥだって宇宙空間で運用しちゃう世界だけどさ。たまには大気圏内専用可変MSとかにしようよ。ただでさえ量産型なんだから、宇宙空間も大気圏内も運用可能な、単純化されているとはいえZクラスの可変機構付きMSって高級すぎるんじゃないか?
 「ああ?なんだ、あのMSは?」「そんな事よりどーすんだよ、隊長。俺たちは?」「ああ?」「一応出て行って瞬殺されてくる?」「バカモノ!そんな根性なら最初から出るな!」「いや、だってなぁ…」「オレが出る!」「はぁ?」はぁ?何がしたいんだイザークはw。いやもう素直じゃないっつーかw
 METEORの機番は07/08。なんでZAFT側に知られてるんでしょうか。
 さーてアニキは本領発揮。ここら辺の戦闘シーン、ずいぶん構図の使い回しが多いなぁ…。爆炎を背負ったアカツキのカットはX13Aプロヴィデンスそのままだし、波状攻撃でグフを撃つムラサメは地上の動画そのままだし、エターナルに撃ちかけるザクはPHASE-39そのままだし。
 「けどどーするんだよ、イザーク。お前まさか」「今オレが殴りたいのはアイツだけだっ!…よくもまたおめおめとあんなところにぃっ!」ツンデレツンデレw
 「お姉ちゃん、やめて!」
 おぉぉ、アカツキ高性能っ!陽電子砲に今度は耐えたっ! あまりにも二番煎じで一瞬唖然としましたけど、ってかここであのままアニキ沈んでたらその瞬間に[SEED DESTINY]観るのやめてましたけどね。
 おー、RX-93並のビームバリアまで張れるのか。といってもこの応用戦法、[SEED]初出というわけではないですけどね。[X ASTRAY]でプレアがYMF-X000A ドレッドノートのドラグーン4機で同様のビームバリアを形成していましたから。あのときは「えー?」とか思いましたけど、実際映像で観るとなんだか説得力あります。
 「貴様ァっ!またこんなところで何をやっている!」「何をって、こいつを墜とそうとしてんじゃんかよ」「オレが言ってるのはそういうことじゃないっ!!」「…もういいだろ、そんな事は。それより早くやる事やっちまおうぜ」「……ディアッカ貴様ァっ!」大爆笑。拍手喝采。やっぱお前ら見てて一番面白いわw っつーかイザーク萌えるってw
 と、面白いことは面白いんですけれど。今回の利敵行為はさすがにマズイんじゃないかなぁ。オーブに亡命するにしてもシホちゃんはどーするのか。

 ……ネオジェネシス。なるほど。ジェネシスαにわざわざ手を出さなかったのはこのためか。
 レイはやっぱり逆恨みなんじゃないだろうか。そういう恨みを持てるのは直接被害を被ったカナード・パルスだと思うし、カナードは「自分は自分」と納得したからもうキラに対する恨みは解消されているし。
 うむ、正直どうでもいいけど来週で終わる/いろいろ諸々決着付くとはとはとても思えません。
―――――――

今回の感想:[苺ましまろ]#09
―――――――
20050922■苺ましまろ 第9話『育ちざかり』
 脚本:花田十輝 絵コンテ:おざわかずひろ 演出:楠本巨樹 作画監督:柳瀬譲二
 天高く千佳肥ゆる第9話。冒頭火を打とうと懸命になってる美羽が妙にかわいかったですが。それよかコンマ1秒/1コマのズレもなく千佳にシンクロできる美羽は脅威w ってあれ?「お姉ちゃんが見てこいって」は?
 薄力粉「大王 モエオー」。まぁ確かに掲載誌はその2誌ですけれどw あれ?「うそん」は? なんかいろいろセリフ欠けてるな…
 風呂の中でバスタオル巻いてるのはどうだろう。いささかガードが固すぎるんじゃないでしょうか。いいじゃんそんぐらいさー。
 あれ?「お前全然伸びてないな」は? オリジナルの追加はいいけど、見たかったシーンがオミットされてるのは痛恨であるorz
 …あれ?EDのキャスト表は? 焼いも屋と伊藤母…
―――――――
2005/09/25 02:05 アニメ感想 TB(6) CM(0)
■今日の買い物
 CD2枚。正確にはCD1枚と雑誌の付録のCD1枚。

20050922out VICL-61649 「創聖のアクエリオン」オリジナルサウンドトラックII/菅野よう子・保刈久明
 待ちに待ってた[アクエリオン]サントラ第2弾。菅野よう子さんですからね。一も二も無く買いますよ。相変わらず珠玉のトラックス。残り一話の本編では使われないんじゃないかなという挿入曲も満載です。
 イチオシはTrack.17「Genesis of Aquarion/AKINO featuring bless4」。OP1「創聖のアクエリオン/AKINO from bless4」の別ヴァージョン。ってか英語版なんですけど、あれ?bless4のオフィシャルサイト観てみたら、AKINOさんってムチャクチャ若い?89年生まれの15歳?
 ってかそういえばbless4って何ヶ月か前にラジオで聞いたことあるかも…

 もう一枚は9月21日発売の雑誌「NintendoDREAM」11月号付録のスーパーマリオシリーズサントラCD。あれだけ内容盛りだくさんのCDが付録で690yenですよ。無くならない内に買うが吉。雑誌自体も巻頭のインタビュー記事とか結構おもしろかったですよ。

 あと雑誌を一冊。今月号から価格が改定、100yen安くなって350yenに落ち着いた「まんがタイムきららMAX」11月号。いつものようにパラパラめくってみたら、以前「まんがタイムきらら」で連載されていた[ちかちかプラネッツ](by 佐々木亮さん)が復活しているではありませんか。わーい。久しぶりに買っちゃいましたよ。

2005/09/22 03:49 雑記1 TB(0) CM(0)
バナー
バナー作ってみました。
cnBanner01.jpg
cnILLUSTRATIONs
cn20070220.jpg iconGA001.jpg iconGA002.jpg iconGA003.jpg iconGA004.jpg iconGA005.jpg iconGA006.jpg iconGA007.jpg iconGA009.jpg iconGA010.jpg
[Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~(杉本功描き下ろし絵柄スチールブックケース付)
[BD]BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~
[BD] BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~

(2013年09月25日発売 ¥6,825)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
 祝4期!!
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box

(2012年07月25日発売 ¥25,200)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box

(2012年08月22日発売 ¥27,300)

シロガネオトメ
利用満足度で選ばれてます。「ESET Smart Security V4.0」
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。