プロフィール

光機

  • Author:光機
  • 塗装までなかなか行き着きませんが、ガンプラ改修どんとこい
Twitter
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
公式リンク
どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
■ロケットガール
 はい、ロケットガール~♪
 改めて解説しておきますと、そもそも原作である[ロケットガール]は富士見書房ドラゴンマガジン本誌において1994年4月号~同11月号にかけて連載されていた作品であります。その後文庫として発売されたのが、翌1995年の3月。自分はこの文庫化でロケットガールの存在を知りました。書店で見つけて衝動買い。
ロケットガールロケットガールRPG
 続いて同5月には、当時隆盛だった富士見書房のTRPG規格『MAGIUS(Multiple Assignable Game Interface for Universal System)』に則った作品が、[ロケットガールRPG]として発売されております。TRPGであるMAGIUSでは、原作者以外の人物が普通なのですが、この[ロケットガールRPG]に関しては、原作者の野尻抱介氏本人が全て手がけられています。本書において特筆すべきは、中程にある50P強の『サプリメント:宇宙活動マニュアル』。ここでは【軌道と地球の関係】に始まる宇宙飛行の基礎知識や、本作最大のキーアイテムとなる『スキンタイト宇宙服』などの解説が行われています。まさに[ロケットガール]の複読本たる内容となっているのですが、現在は残念ながら絶版となっています。ついでに新装してくれるといいですね。
 と、ここまでのイラスト/キャラデを担当されていたのが、他ならぬ山内則康氏です。[ストラトス4]の。いやもう、[ストラトス4]のデザイン観たときはひっくり返りましたよ。[ロケットガール]のスキンタイト宇宙服のまんまだし。だったら[ロケットガール]アニメ化してくれよと。
 閑話休題。

 [ロケットガール]の出版から経ること2年。ブランクを経て、単体でも楽しめることを前提に書かれたのが、シリーズ第2弾[天使は結果オーライ]になります。発売は1996年12月20日。
天使は結果オーライ私と月につきあって
 ソロモン宇宙協会のロケットガールズ=森田ゆかり、森田マツリの異母姉妹に、新規メンバーとして三浦茜が参入。イラストも仕切り直しで、むっちりむうにいさんに変更となりました。この時のキャラデが私的にはデフォルト。ドラゴンマガジン本誌などで数度発表された短編(未単行本化)を含めて、1999年8月20日刊行のシリーズ第3弾[私と月につきあって]を経て、現状確認できている最近の短編「宇宙対決!女子高生VS聖戦士」(ファンタジアバトルロイヤル2002APRIL掲載/SF特集号でした/未単行本化)まで、少なくとも6年間はこのキャラデだったんです。ゆかりはツインテ。マツリは編み込み、茜はベリーショート。
 今更変えられても。

 過ぎる2006年。遂に念願たるアニメ化の報が舞い込んで来ました。わーい。
 実のところ結構前にもアニメ化の話自体はあったらしく、パイロットフィルムは制作されていたらしいんですよね。とはいえ、野尻氏のサイトで一部カット拝見しただけなのですが。キャラデがむっちりむうにい版でも山内版でもどちらでもなかったのがショッキングでしたなー。
 で、目にした今回のアニメ版のキャラデ
 ……orz
 いやまぁね、つまるところ[ロケットガール]はそんなキャラクターデザインに左右されるような話じゃないと云いたいんだとは思うのですけれど。それに異存もないんですけれど。……けれど!
cnRocketGirl101.jpgcnRocketGirl102.jpgcnRocketGirl103.jpg
 なにも原作新装版のイラストまでアニメ版に歩調合せる形で変えなくても(涙)→こんなのゆかりじゃ/マツリじゃ/茜じゃないやい。うわーん。
 確かに一昔前のキャラクターデザインを時代の変遷に併せて同じイラストレーターさんが書き直すってのは例もいくつかありますよ。[ARIEL]とか。でも基本的に顔の造作とかそこから受ける印象とかは基本的に共通してるんですよね。……これがゆかりですか……。そのうち慣れちゃうのかなぁ。それもなんか嫌だわー。
 ってゆーか、スキンタイト宇宙服のデザインまで変えなくても。なんだろう、この普通にSFっぽいってゆーか、フツーなデザイン。もしかして本来後発の[ストラトス4]のヤツと比較されかねないから逃げたとかそういう理屈でしょうか。うわ。

 さて、アニメ版、期待せずに観てみましょうか。

■ロケットガール
20070221 24:00 mission 01 ディスティニィ -destiny-

 原作じゃイラストも特に無かった『ネリ女のオールドミス』はいいとしてw、実際動くとやっぱりショッキング。こんなのやっぱりゆかりじゃないし、茜じゃないー。マツリじゃないー。三原素子女史だけはデフォのイメージそのままなのにねぇ。古参のファンの憂鬱は何処までも憑いてまわるものです。……まぁいいか。とりあえずこれはこれで楽しみましょ。
 あ、音楽光宗さんだ。氏十八番のピアノ曲は……ロケットガールでピアノ曲ってのもピンと来ませんが。お、ちゃんとピアノ曲も確保されてるじゃん。おっけーおっけー、サントラは買いっと。
 ……あれ? ゆかりん家、マンション? 住宅街の3階一戸建てじゃなかったっけ。何故変える必要性が。あとなんかオールドミスが校長にランクアップしてるのも微妙に引っかかり。何故変える必要性が。

 ふむ、おっけーおっけー、基本的に原作をそのまま映像化/ビジュアライズしてくれてますな。第1話としては上出来上出来、好感度も高し。
 キャラデも1話の最後の方に来たらなんか慣れてきちゃいました……。でもやっぱりツインテゆかりの方が(しつこい)
 ただCGがキレイスギるのが玉に瑕ではありますが。せめてハマー(?)にぐらいウェザリングぐらいかけましょうよ。
 このまま原作通りに進行してくれれば言うこと無いのですがなー。オフィシャルHPのトップでマツリがネリ女の制服着てるのがすっげー不安w ありえねぇw

→Amazon
【CD】
20070321out HMCH-2019 ICHIKO「RISE」[ロケットガール] 1575yen(in
20070321out HMCH-2020 佐々木美紗恵「明日行きのバスに乗って」[ロケットガール] 1260yen(in
【原作新装版】
20061020FF ロケットガール1 女子高生、リフトオフ! 野尻抱介/むっちりむうにぃ 609yen(in
20061118FF ロケットガール2 天使は結果オーライ 野尻抱介/むっちりむうにぃ 588yen(in
20070120FF ロケットガール3 私と月につきあって 野尻抱介/むっちりむうにい 609yen(in

→STAFF LIST

■ロケットガール
 20070221~ WOWOWns WED 24:00
 www.rocket-girl.jp/
―MAIN STAFF
 原作:野尻抱介
 原作イラスト:むっちりむうにい
 (富士見ファンタジア文庫刊)
 企画:鈴木径男、熊瀬演造
 協力:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
 シリーズ構成:中瀬理香
 キャラクターデザイン:大下久馬
 メカニックデザイン:竹内敦志、垪和 等
  タイトルデザイン:マックレイ、佐藤裕士、西弘 毅
 美術監督:脇 威志
 CG監督:垪和 等
 色彩設計:関根栄子
 撮影監督:関谷能弘
 編集:小島俊彦
  編集:岡安プロモーション
  オンライン編集:キュー・テック(菊地美和、立川貴巳)
 音響監督:鶴岡陽太
  音響効果:田中秀実
  録音エンジニア:矢野さとし
  録音助手:田中文章
  録音スタジオ:スタジオごんぐ
  音響制作:楽音舎
  音響制作担当:杉山好美
 音楽:光宗信吉
  音楽プロデューサー:渋谷知子
  音楽制作:ハピネット
 アニメーション制作:ムークDLE
 監督:青山 弘
 助監督:水野健太郎
 プロデューサー:松井 智、楠原真理子、千葉博己、片桐大輔(WOWOW)
  アソシエイトプロデューサー:早川 敬(WOWOW)、鈴木淑仁
  アシスタントプロデューサー:有尾俊昭
  アニメーションプロデューサー:小川武司
 製作:ハピネット
 制作協力:WOWOW
 
 オープニングテーマ:「RISE」ICHIKO
 エンディングテーマ:「明日行きのバスに乗って」佐々木美紗恵

―MAIN CAST
 森田ゆかり:仙台エリ
 森田マツリ:生天目仁美
 三浦 茜:長谷川静香
 那須田 勲:菅生隆之
 木下和也:黒田崇矢
 旭川さつき:柳沢真由美
 向井博幸:土門 仁
 三原素子:豊嶋真千子
 安川晴行:田中一成
 黒須:立木文彦
 張 天津:立木文彦
 斑麗:山本彰子
 森田 寛:チョー
 森田博子:夏樹リオ
 亜里沙:山本彰子
 小百合:桑門そら
 校長先生:一城みゆ希
スポンサーサイト
2007/02/23 18:43 アニメ感想 TB(4) CM(2)
コメント
失礼します。
この95年5月の[ロケットガールRPG]
と95年3月の[ロケットガール]は、内容が同じですか?
2008/10/30 02:43 ざいねん URL [ 編集 ]
ざいねんさんはじめまして。コメントありがとうございます。
返信遅くなってしまい、申し訳ありません。

95年3月の『ロケットガール』は06年10月に新装版が出た、小説第1巻になります。
95年5月の『ロケットガールRPG』は、いわゆるゲームブックの類でして、両者はまったく別物です。

MAGIUSという富士見独自(?)のフォーマットで展開された、TRPG企画の一環として発売された文庫本で、ファンタジア文庫作品からのTRPG化も多いのですが、基本的にMAGIUSには原作者は(監修はともかく)関わっていません。
ところがどういうわけだか、本作『ロケットガールRPG』には原作者野尻抱介氏が筆を取っておられます。
読まなくても特に原作に影響を及ぼすことはありませんが、スキンタイト宇宙服などのSF設定が妙に詳しく言及されているので、副読本として持っていて損はないと思いますよ。これも新装版出ればよかったんですけどね。
2008/11/03 22:58 光機 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://cherrynoir.blog4.fc2.com/tb.php/746-eb29570b
-
管理人の承認後に表示されます
2007/02/23 22:44 
▼ロケットガール 第01話 「ディスティニィ -destiny-」▲
「さてさて、始まっちゃったロケットガール」「突然だけど、たぶん30秒じゃ分からないロケットガール講座!」             「さぁ、行ってみよう~!」「打ち上げロケット!」「謎の美少女?」「飲め、飲め~」「誰・・このオッサン?」「...
ロケットガール 第1話「ディスティニィ -destiny-」
これは決して妄想ではない――。 宇宙への打ち上げのコストは重量に比例する。 低コストにするならパイロットは女子高生!? 富士見ファンタジア原作の宇宙開発もの? 何度なくアニメ企画が流れてきた伝説の作品(笑) 奇跡的にアニメ化?
2007/02/24 09:18 SERA@らくblog
ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」
ロケットガール 第1話 「ディスティニィ -destiny-」 原作はまったく知りません。奏光のストレインの後番です。
2007/02/25 00:39 恋華(れんか)
バナー
バナー作ってみました。
cnBanner01.jpg
cnILLUSTRATIONs
cn20070220.jpg iconGA001.jpg iconGA002.jpg iconGA003.jpg iconGA004.jpg iconGA005.jpg iconGA006.jpg iconGA007.jpg iconGA009.jpg iconGA010.jpg
[Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~(杉本功描き下ろし絵柄スチールブックケース付)
[BD]BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~
[BD] BCXE-0779 【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー ~ハートフル・タンク・ディスク~

(2013年09月25日発売 ¥6,825)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
 祝4期!!
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6741 ひだまりスケッチ Blu-ray Disc Box

(2012年07月25日発売 ¥25,200)

[Blu-ray] ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box
[BD] ANZX-6746 ひだまりスケッチ×365 Blu-ray Disc Box

(2012年08月22日発売 ¥27,300)

シロガネオトメ
利用満足度で選ばれてます。「ESET Smart Security V4.0」
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。